Docmentsアプリ:iPhoneスマホ修理戦隊!スマレンジャー【格安で即日対応】

iPhoneを使っている皆さんはファイルの管理などはどうされているでしょうか、

 

iPhoneにはファイル管理アプリが標準ではあまり機能が充実してはいません、iPhoneにはもともとファイルアプリがあるのですが、このアプリを使ってもうまくファイルが管理できなかったりします

 

どうしてかというと、このiPhone標準のファイルアプリはほかのアプリが用意したデータ保存場所を管理したり見たりすることができるのですが

iPhone本体にファイルアプリの機能を使ってフォルダを作ったりデータ管理したりすることができないのです

 

Googleのドライブや、アイクラウドなどのインターネットフォルダや他アプリのデータ管理フォルダをこのファイルで確認することができますが、ほかのアプリあってのことなので、iPhone標準のファイルアプリでは基本的には何もできません、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのため別のファイル管理アプリを使うほうが勝手がいいかと思います、

そこでお勧めしたいのがDocmentsアプリです、このアプリは様々な機能を備えたファイル管理アプリです

 

ファイル管理するというのは様々な形式のデータを操作したりコントロール出来て、なおかつ直感的にスムーズでなくてはいけません、

なぜならもたもたしたり思い通りに動かないとイライラするからです

 

このファイルは読み込めない、このデータを思い通りの場所に移動したり操作できない、どこにデータがあるかわからない、こういった少しのもたつきが全体を通すとストレスになるので、どれだけより快適に使えるか、もっともわかりやすいか、

 

これでどのファイル管理アプリを使うかにかかわってくるかと思います、そこで僕が使っているのがこのDocments アプリなのですが

非常に使い勝手がいいです、色々と気に入っているところを書いていきたいと思います

 

 

まずiPhoneのファイル管理のしにくささというのがあります、iPhoneは音楽データ、画像写真データなどのファイルはそれぞれ独立しています

  

 

 

PDFや書類ファイルも独立しているか、iPhone本体に保存するには手間がかかります

 

ファイル管理にはやはりiPhone標準以外のアプリを使い、そちらのアプリの操作できる範囲でフォルダを作ったりすることで様々なデータを操作できるようにするほうがいいです、

 

そういったアプリは様々ありますが、Docments で操作できることがとても多いので、使いきれない機能まであったりします

 

基本的な操作方法からいくと

 

まずDocments のアプリを開くとこんな感じでフォルダが並んでいます、

 

写真というフォルダがiPhoneのもとからある写真アプリの中が見れるフォルダでカメラロールなどあります

 

 

基本的にiPhoneで撮影した写真はここにあるので見れます

 

iTunesのファイルというのがあります、非常に便利な機能のあるフォルダですが後程説明します

 

iCloudのファイルというところがあると思います、ここのフォルダはご自身のログインしているiCloudのフォルダを見たりすることのできるフォルダです

後述しますが、ここではiPhoneもともとの標準アプリ、ファイルアプリと連携が取れるところになっています

 

 

 

その他にあるフォルダはチュートリアル用にもとからあるフォルダなどになるので、そのまま活用しても、新しいフォルダを作っても構いません

まずはこのDocments を開いたところに自分のフォルダを用意するところから始めます、一覧にフォルダを作ったらそこでデータ管理をいしていくのですが

 

基本的にiPhone自体がファイルを作ることがあまりなく、写真かビデオかボイスメモ、メモ帳のメモなど

 

それぞれが独立して管理されているので、それぞれをまとめるという考え方を持っている人が少ないですが

 

Docments アプリを使うとそれらすべてまとめて管理することができます、それぞれアプリを利用して写真を撮ったりボイスメモを使うとデータができます、

 

それらはアプリごとに保存されていて確認したい時はそれらのアプリを開きますが

 

そのなかでも重要なデータやお気に入りのデータ、別にわかりやすい所に置いておきたいデータなどができるかもしれませんよね

 

そういったデータは全部Docments に置いておくことができます

 

まず画像ファイルのフォルダにはDocments アプリから直接アクセスできるのでそこからDocmentsのフォルダにデータをコピーしてくればDocments の中に保管することができます

 

実際に写真フォルダを開いた状態、iPhoneで撮影したカメラロールとアルバムが見れます

 

 

その他のデータ、例えばメモ帳データやボイスメモなど、ボイスメモにはDocments から直接アクセスできません、Docments アプリを開いた場所にボイスメモのフォルダが表示されていないからです、

 

例えばメモ帳のデータをDocments アプリで管理したい場合は、メモ帳を開きDocments アプリに置いて管理したいメモコピーする手順になります

 

まずはメモ帳をひらいてDocments に置きたいテキストを選びます

 

音楽の歌詞テキストを開きました

 

 

メモを開いたら共有コマンドを使います、共有コマンドとはあらゆる場所に出てきます、共有コマンドが使える場所ではたいていDocments アプリと連携することができます、

右上にありますが、この四角に上やじるしが共有マークです

 

共有コマンドからファイルを保存を選ぶとテキストのデータを保管するフォルダを選ぶことができます、Docments フォルダ以外にはiCloudやGoogleドライブなど追加することができます

 

この一覧のファイルに保存を選択してください

ここでDocments アプリの保存したいフォルダを選びます

 

Docments アプリのトップに作ってあるフォルダの一覧が出ますので、フォルダを選びます

ダウンロードのフォルダを選びました

 

 

 

 

そのあとにDocments をひらき保存したフォルダを開くとデータがここにあります、

Docments からダウンロードのフォルダを開きました

ちなみにボイスメモでも共有コマンドがあるので、この機能でボイスデータをDocments アプリにコピーすることができます、

これであらゆるデータはDocments に置いて管理することができます、

 

基本的な使い方としてDocments にファイルを保存し保管する方法になります、これを覚えておけばDocments でデータを管理することができるようになります

 

あとはファイルやデータを移動したりフォルダ管理を覚えていくとさらに使い勝手がよくなります

 

ここからはDocmentsアプリをさらに使いこなす応用編を説明していきたいと思います、

 

Docmentsはあらゆるデータを管理できますが、上で少し書いたiTunesのファイルやiCloudのフォルダの使い方を説明していきます

 

iTunesのデータというのがありますが、これはiTunesとiPhoneを接続してる状態であらゆるデータをパソコンとやり取りできるというものです

 

どういうものかというと、iTunesとはパソコンで使うiPhoneなどIOS用のアプリです、

 

パソコンでiTunesを起動して、ケーブルでiPhoneとパソコンをつなぐとiTunesを使いiPhoneをバックアップしたりすることができます

iTunesはiPhoneをバックアップしたり音楽を入れたりすることはできますが、パソコンとのデータのやり取りはできません、基本的にiPhoneはパソコンとデータのやり取りがデフォルトではスムーズではありません

 

そこでDocmentsをつかうことでパソコンとやり取りできるようになるのです、Docmentsアプリを入れているとiTunesにiPhoneを繋いだ後、ファイル共有を開くと、iTunesでアプリ連携を取ることができます

iTunesから直接Docmentsとやり取りができるのですが、ここでのデータのやり取りはリアルタイムで反映されてみることができます、

 

つまり接続したiPhoneを見ながらデータのやり取りをできます、パソコンのiTunesからファイルを転送するとすぐにiPhoneに表示される仕組みになっています

 

 

 

Docmentsアプリがあるだけでデータの管理が非常に効率的になるというのがこのように見てみると分かりやすいと思います

 

このデータのやり取りは画像や音楽、PDFなどの書類データからテキスト、基本的な物はすべて可能です、そしてそのデータを開く際にDocmentsアプリが表示してくれたり

音楽データなどはDocmentsアプリ上で再生したりすることができます、

データ管理がとても楽というのがこういった機能性にもあると思います、

 

パソコンからiPhoneにデータを送るには、このように簡単にできました、iPhoneからデータを送る場合ですが、こちらも簡単にできます

 

まずiPhoneのDocmentsから写真フォルダなどにアクセスして、パソコンに移したいデータや写真などを選びます

 

そのデータを選んだらiTunesのフォルダにコピーするのです

目的のデータの・・・をタップするとメニューが出ます

 

 

 

コピーを選ぶとコピー先の場所を選ぶように言われるので、iTunesのファイルまで進んでいきます

 

 

 

 

iTunesのファイルまで来たら一番下の青い部分をタップすると完了します、ここに置いたデータは先ほどのパソコンで見た場所にすぐに表れるのでパソコンから確認する子ができます

 

 

 

 

どうでしょうか、Docmentsを使うことでパソコンとのデータのやり取りが非常に楽だと思います、

 

ですがDocmentsはこれだけではないです、昨日がまだまだあるので説明していきたいと思います

 

上でも少し書きましたがiCloudのフォルダというのがあります

 

 

 

このフォルダが何か、最初よくわからないかと思います、実際自分も活用性が分からないまま使わないのでいいと思っていましたので使いませんでした

 

知っておくと使える場面が出てくるかと思います、使い道を知ってからは何度か活用しているので解説していきたいと思います、

 

このフォルダが何かというと、iPhoneをお使いの皆さんはほぼ必ずiCloudのアカウントを作り自分のiPhoneを持ち主登録しているかと思います

 

iCloudは、自分のアカウントを作ることでiPhoneを持ち主登録したり、iCloudのネットワーク上にiPhoneのデータを保存することができるのです

 

iCloudのネットワークにiPhoneのバックアップを保存しておけば、新しいiPhoneなどにすぐデータを復活させたりすることができます

 

そしてiCloudの保存領域には自分でデータを選んで保存することができます、ネットワーク上に保存するのでiPhoneが壊れて操作できなくなったり、iPhoneが初期化されてデータが消えてしまってもインターネット上に保存されるのでなくなる心配がありません

 

無くなる場合はご自身がiCloudのIDとパスワードを忘れてしまった時です

 

このiCloudの保存領域にDocmentsアプリを使うことで保存することができます、それがiCloudのフォルダです

 

このフォルダはDocmentsアプリの中にありますが、オンラインでiCloud上のネットワークを見ている状態になります

つまりここのフォルダにデータをコピーするとiCloudのオンラインに保存したことになるので、インターネット上に存在していることになるのです

 

ネットワーク上とはどういうことかというと、自分のiCloudのアカウントにデータを置いておける状態になります

 

例えばiPhoneを複数持っていたりしたとき、iCloudにサインインして持ち主登録するときに、複数のiPhoneで同じiCloudのアカウントを使用すると思います、

 

同じiCloudのアカウントを使えばどのiPhoneでも、パソコンでもそのiCloudのIDとパスワードを使用すればオンラインのデータ保存を見ることができます、

同じアカウントを使っているので、見ている場所が一緒だからです、

 

DocmentsアプリのiCloudのフォルダは、iCloudのフォルダをいつでも見れるように表示されている状態になります

 

 

 

このフォルダにデータを置いておくというのはiPhone本体に置いているのではなく、インターネットに自動的に保存してることになるので、iPhoneのデータが消えてなくなったとしても、ここのフォルダの中にあるデータは消えることはないです

 

 

例えば上の画像、二台のiPhoneを使い一台目のiPhoneでデータをiCloudのフォルダにおいてる状態です、

 

二台目のiPhoneを使いDocmentsアプリのこのiCloudのフォルダを見ると一台目でこの場所に移したデータが見ることができます

 

どうしてかというと二台とも同じiCloudのIDを使っているからです、見ている場所が同じなのですね

 

iCloudのフォルダを使えばなくしたくないデータを置いておいたり、同じiCloudのIDをもつ端末の間でデータのやり取りなどをしたりするのに非常に便利だと思います、

 

知っておけば何かしら使う機会があるかもしれないので、今後のための知識として覚えて居てみてはどうでしょうか

 

 

Docmentsアプリの基本操作と、機能はだいたい理解してもらえましたでしょうか?

 

いままでの分では基本機能になるので、応用編や特殊機能などがまだまだあります、使い慣れてきたらさらに便利に使える方法があるので解説していきたいと思います

 

 

まずどんなものがあるかさらっと箇条書きすると

 

Googleドライブとの連携

パソコンへのデータ転送

ウェブからのデータ保存

音楽の再生機能

 

などあります、それぞれ便利な機能なので使いこなせるようになると仕事の効率も上がる可能性がありますよ、

順番に解説していきますね

 

まずGoogleドライブとの連携ですが、これも先ほど上でも説明したインターネット上の保存場所iCloudのストレージみたいなものです

 

iCloudのフォルダは初めからあって、特別な設定が要らなかったと思います、これもなぜかと言うとiPhone本体を一番初めにiCloudにサインインするためすでにiCloudにアクセスできるようになっていました

 

Googleドライブにはまだログインできる状態になっていないので、ログインの手順を踏めばGoogleドライブのデータを見たりアップロードして保存したりできるようになります

 

画面一番下のタブをサービスに切り替えます、そしてアカウントを追加するメニューを開くと様々なインターネットサービスと連携することができます、今回はGoogleドライブを参考にやってみたいと思います、

 

 

 

お仕事でGoogleドライブをよく使っているという人にはこの機能は便利かもしれません、

 

実際にDocmentsアプリにGoogleドライブを追加する手順です、アカウント追加からGoogleドライブを選択するとログイン情報を入力する場所になるので

ご自身のGoogleのアカウントを入力します、

 

 

 

 

 

 

 

情報を入力し問題なく認証されると

サービスのタブにアカウントにアクセスすることができるようになりました

 

 

実際に開いてみるとGoogleドライブに保存したデータを見ることができるようになりまた、見るだけではなくDocmentsアプリからアップロードして保存することもできます

 

 

 

 

 

Googleドライブを使うための準備はこれでできました、データ管理も仕事効率もアップするのではないでしょうか、

 

 

Googleドライブのデータを見ることができるようになりましたが、ダウンロードするときの手順です

 

ダウンロードしたいデータを選び・・・をタップします、するとメニューが出ます

ダウンロードを選択すればiPhoneに保存することができます、

 

 

 

逆にiPhoneの中のデータをGoogleドライブにアップロードしたい場合のやり方を説明します

 

Googleドライブに保存したいデータの選んだら・・・をタップします

 

メニューが出るのでアップロードを選びます

 

アップロードする場所を選べるのでログインしたGoogleドライブを選びます

 

 

 

Googleドライブの保存場所をどこにするか選ぶことができるので選択します

 

フォルダを決めたら画面下の青い部分をタップすれば保存して完了します

 

 

 

これでGoogleドライブをつかいデータを保存する方法、データをダウンロードする方法を覚えたと思うので仕事でGoogleドライブを使うという人などは非常に使い勝手がいいのではないでしょうか

 

 

 

 

次にパソコンにデータを転送するやり方を説明します、パソコンとのデータのやり取りは先ほど上でiTunesを使ったやり方を説明しました、iTunesでデータのやり取りをするやり方も便利ですが、

それ以外にも便利なやり方があるのです、Docmentsアプリにはパソコンに接続機能というのがあります、これはどういうものかというと、ケーブルを接続する必要なくパソコンとやり取りする機能です

 

 

ワイヤレスでパソコンとデータ転送ができる機能です、文字を読んでもいまいちわからないかもしれません

 

 

 

このように見てもらうとケーブルをつなげていないのですが、パソコンからiPhoneの中身を見ることができるのです

 

まずこの機能を使うには条件があります、パソコンとiPhoneが同じWi-Fiを使っているというところです

 

パソコンが有線だったり、iPhoneがモバイルデータ通信をしていてはいけません

 

パソコンとiPhoneがWi-Fiでネットにつなげていて、同じアクセスポイントを使っていることが条件です

 

 

条件を満たしていれば次の手順を踏んでデータのやり取りができますの、手順を説明します

 

まず画面下部にあるタブをサービスのタブに切り替えます、するとコンピューターに接続するメニューがありますね

これをタップします

 

 

 

このような画面になり、コンピューターで

https://docstransfer.com/

にアクセスするように指示が出ます、コンピューターではこのページにアクセスするのでブックマークに入れておいてもいいかもしれません

 

 

パソコンでhttps://docstransfer.com/にアクセスすると、生成されたコードを入力するページなります、ここで一致しなければ表示することができません、

時間切れになるとコードが再生成されてかわります

 

 

コードが一致することでこのようにパソコンからiPhoneの中のデータを見ることができます、ここからパソコンにデータを保存したり、パソコンからデータを転送したりすることができます、

ワイヤレスでできるのが非常に便利なので、同じWi-Fiポイントを使っている場合などはこちらがオススメです

 

     ケーブル不要なので差込口を圧迫することもありません

 

 

パソコンとiPhoneで接続するやり方として、コードを入力しましたが、もう一つQRコードを読み込むやり方もあります

https://docstransfer.com/

にアクセスした後、コード入力の下にQRコードを出すボタンがあります、これを出した後iPhoneの標準についているカメラで読み込むと

 

画面上からポップが表示され、これを押すとスムーズに接続することが出来て楽です

 

 

この方法でも同じように接続することができます

 

接続中画面が出てきます、しばらくして接続が完了すると画面が自動的に切り替わるので、画面が切り替わると

 

 

 

 

この状態になりパソコンとiPhoneでデータのやり取りができるようになります

 

 

使いこなせればどんどん便利な機能があるので、作業効率が非常に上がります、ぜひ覚えていってください

 

 

 

結構開設したので皆さんもDocmentsアプリの使い方を分かってきたかな?というところですが、Docmentsの機能はまだありますので、まだまだ使い方を知りたいという方は是非続きを読んでいってください、

 

もう飽きたわという人もあと少しだけですのでお付き合いくださいませ、

Docmentsのとっても使い勝手のいい機能がダウンロード機能です、Docmentsはインターネット上にあるものなら大抵ダウンロードすることができます、

 

例えばウェブページをそのままダウンロードしたい場合はウェブページのURLを

 

動画をダウンロードしたい場合は動画の表示URLを(動画ページではありません後述)

音楽データもダウンロードできます

 

Docmentsアプリにはインターネットブラウザが搭載しています、普段iPhoneを使っている方ですと皆さんsafariを使うと思いますが

 

Docmentsアプリにはsafariのようにインターネットを見る機能があります、

 

まずDocmentsを開くとこんな感じになると思います、この一番右下にコンパスのアイコンがあります、これがDocmentsのインターネットブラウザです

 

 

このアイコンをタップするとブラウジングモードになります、

普段使うsafariのように検索窓に検索文字を入力し決定するとページを検索することができます、

 

 

Docments のブラウジングモードで表示されるものはダウンロードしてDocments のフォルダに入れることができます

 

例えば動画や音楽ファイルもダウンロードできますが、ビューモードの動画などを保存することはできません、

 

普段YouTubeやニコニコ動画などの動画をネットで見ることができますが、これはビューモードで表示されています、

 

Docments でダウンロードができる状態というのがあります、それはそのファイルのアドレスに直接アクセスしてる時になります、

 

動画も音声ファイルもインターネットで見たり聞いたりしているときは、別の場所にあるデータを、現在見ているページにリンクして再生している状態です

 

 

このように動画のデータを表示しているページにアクセスしてストリーミングビューしている状態になります、この状態で見れるページをダウンロードしようとしても、ダウンロードできるのはその見ているビューページになります

 

基本的にこのような仕組みで動画を配信しているということはダウンロードが推奨されず、ウェブ上で見ることを目的にされているからです、ここではこれ以上の開設はすることができませんが、

 

動画のファイル元のアドレスにアクセスすることができればダウンロードすることができます、ファイル元のアドレスを取り出す方法としてはほかにも解説してくれる場所があると思いますので、

ここでは動画や音楽のデータアドレスをわかっている状態で説明しますと

 

Docments の検索窓にそのアドレスやURLを直接入力してしまえば自動的にダウンロードが始まります

 

ダウンロード状況や保存場所もDocments アプリ上で指定することもできるので管理も楽です、

試しに画像をダウンロードしてみます、画像はウェブページでもファイル元にアクセスするのが簡単です

 

 

画像を検索してみました、画像をロングタップするとファイル元に直接アクセスできます

直接アクセした状態で画面右下にある↓矢印のアイコンをタップすると

 

 

画像をダウンロードするか聞かれます、この時画像ダウンロードにならない場合はファイルページにアクセスできていません

 

ただウェブのページをダウンロードしようとしているだけです、

 

 

 

 

画像などの場合はJPGファイルをダウンロードしようとします、JPGをダウロードしようとしてない場合は失敗です

 

 

 

 

ダウンロードが始まると矢印にアイコンが出ます、ダウンろどーど数です

 

動画や音楽は基本的には公式にダウンロードページがあったりするので、Docments を活用する場合は特殊な状況になってくるので、詳しく説明していくことはできませんが、これくらいわかれば後はご自身でも理解できると思います

 

 

Docments アプリではウェブページをそのままPDF書類データとしてダウンロードすることもできます、

これは現在見ているウェブのページをそのままダウンロードするので、あとでネットにつながっていない状態でそのページの続きを読みたい時

そのページの記事が気に入って保存して置いたり、重要な情報を忘れてしまわないようにあるいは忘れたときに再度見返せるようにダウンロードしておくと便利です

 

例えばゲームの攻略サイトなどの情報ページで、いちいちトップページからアクセスして目的の情報までたどっていくより、よく見たいところを書類データとしてダウンロードしておくといつでもすぐ見返すことができます、

 

攻略サイトを書類データとしてダウンロードしてみます

 

画面下部の↓矢印の床をタップします

 

 

 

どのようなファイルとしてうぇぶページをダウンロードするか確認されるので、わかりやすいPDFとしてダウンロードしてみます、

ファイルの名前もここで決めることができます、保存するフォルダも変更できます

 

 

 

 

ダウンロードできました

これでいちいちインターネットを開かなくても、見たい時に攻略情報をみることができるようになりました

 

 

 

 

 

 

Docments アプリで完結してしまうことが多すぎるので他のアプリがいらないのではと思うほど機能が充実していますね、皆さんも活用してみてくださいね