iPhoneの音が悪くなった!どんな点に問題があるの?

 |  |  | 0

かつては、上質なサウンドを楽しむためには高級なオーディオセットを買い揃えていたものです。

もちろん、今でも高級なオーディオセットはマニアの間では根強い人気を誇っていますが、一方でコンパクトなデバイスやスピーカーだけでも迫力あるサウンドを楽しめるようになりました。

また、スマートフォンの普及により、多くのデジタル音源をスマートに再生させることもできるようになったのは大きいですね!

小型デバイスでありながらも、スピーカー性能にも優れていて、スマートフォンから発するサウンドも特徴的です。

iPhoneのスピーカーもサウンド重視で設計されていて、きれいな音色を楽しむことが可能です。

そんなiPhoneのスピーカーですが、使用しているうちに音が悪くなったのでは?と感じることがあります。

また、ひどい場合には全く音が鳴らなくなることもあるのですが、それはどんな要因によって発生するものなのでしょうか?

ここでは、iPhoneのサウンド性能を紹介するとともに、故障する要因や症状、そして修理方法について紹介します。

iPhoneのスピーカーの性能は?

iPhoneと言えば、iTunesがセットになっていることで知られています。

iTunesは世界中の音楽を楽しめる音楽配信サービスで、しかもリーズナブルな価格で楽しめるのが魅力的です。

多くのレーベルやアーティストと提携しており、ここで聞けないものは無いと言っても過言ではありません!

洋楽にも強いというのも特徴的ですし、中にはマニアックなジャンルのサウンドも用意されています。

様々なサウンドを楽しむためには、スピーカーの性能も重要となりますよね。

iPhoneでは無線で様々なスピーカーと接続できるのも魅力的ですが、本体のスピーカーもそれに負けないほどのパワフルなサウンドを楽しめます。

スピーカーのスペックに関しては、細かく公開されているわけではないので、正確な性能は明らかにされていません。

ただ、iPhone Xにおける性能を見ると、一言でいえば従来の機種を凌駕する圧倒的なサウンドを楽しめるものに仕上がっています。

スピーカーの配置に最大限こだわりを見せており、左右のバランスを重視した設計を採用しています。

これにより、より広がりがあるサウンドを実現することが可能となっています。

低音についても、より強調して心まで響くかのようなサウンドを楽しめます。

最近では、無線でイヤホン接続して気軽に音楽を聴くというニーズが高いので、スピーカーは二の次で聞こえれば良いレベルのスマートフォンが多い中で、iPhoneは貴重な存在と言えますね。

これを実現するためには、多くの工夫があってこと、はじめてなし得るのです。

iPhoneシリーズでは、独自のオーディオシステムや回路が搭載されているので、コネクタ数もバージョンを重ねる度に増加しています。

どの機能にも決して手を抜かないAppleの姿勢が垣間見えますね。

安定したパフォーマンスの発揮に向けて、信頼性の高い部品を惜しみなく使用しているという点も評価したいところです。

iPhoneのスピーカーが調子悪い場合の確認方法は?

高性能なiPhoneのスピーカーも、場合によってはその性能をいかんなく発揮できないシーンも出てきます。

まずは、その場合はどこが悪いのかについて調査する必要があります。

Appleでは、公式見解としてサウンド性能が低下した際の確認方法を公開しています。

その方法について紹介すると、まずはサウンド設定が適切であるかをチェックします。

単純に、サウンドが鳴らない設定になっていないかをチェックすることを最優先に行うことになります。

デバイスに着信/サイレントスイッチがある機種の場合は、スイッチを前方向に動かして、オレンジ色が見えていない状態に設定します。

その後、「設定」→「おやすみモード」に進み、おやすみモードがオフになっていることを確認してください。

その後、実際に音楽などを流してみます。

その最中、本体の音量調節ボタンやコントロールセンターのスライダーを使って、音量を調節していきます。

これでもサウンドが流れない場合は、本体のスピーカー以外で音が鳴るかのチェックを行います。

最も手軽な方法としては、ヘッドフォンを接続してチェックする方法です。

ヘッドフォンからサウンドが聞こえるということは、スピーカーが故障している可能性が高まります。

最終確認として、デバイスの電源を切ってから、電源を入れ直した上で、再度チェックしてスピーカーの故障であるかを明確にしていきます。

意外な盲点としては、Bluetooth 接続しているデバイスがあって、出力先になっている可能性もあります。

一度、Bluetoothをオフにして確認することも重要ですね。

これ以外でも、iPhoneの言語設定を一度日本語以外にして、再度日本語に設定するとなおるなど、ソフトウェア系の不具合により発生している可能性も捨てきれません。

スピーカーが故障する要因とその対処法は?

iPhoneの大事なスピーカーが故障する要因としては、外的ストレスによる場合が考えられます。

外的に強い衝撃が加わると、スピーカーを制御する基盤が故障して、動作異常を引き起こす可能性があります。

また、スピーカー自体にダメージが及ぶ可能性があり、音割れなどの要因となりますし、配線がカットされると全く音が鳴らないということもあります。

他では、水濡れにより音が鳴らなくなることも考えられます。

最新のiPhoneでは防水機能が付いているので、ちょっとした水濡れであれば問題なく対応することが可能です。

但し、ずっと水に濡れたままですと内部に進行してしまい故障のリスクが高まります。

完全に本体側の要因でサウンドが鳴らないと判断した場合は、修理しなければなりません。

iPhoneの修理を行う上で、まず分岐点としてAppleの公式修理を受けるか、修理業者を利用するかの選択が強いられます。

Appleの公式修理は、圧倒的なノウハウと知識により、確実に修理していただけるのが魅力的です。

また、サポート力も高く、常にコミュニケーションを取りながら安心して修理依頼することが可能です。

スピーカーに関しても、まずはオリジナルの点検によりどの部位が悪いかを把握した上で行うので、修理を受ける側からしても納得いきやすいのも良いですね。

ただ、保証期間内の修理であれば良いのですが、保証期間を外れた状態で修理を依頼すると、残念ながら修理費用が発生します。

スピーカーの故障は、要因にもよりますが基本的にはその他故障に分類されることが多いです。

そして、修理費用はiPhone Xでいえば60,000円以上もかかるなど、決して安いものではありません。

ただ、ないと不便なものですので、よりリーズナブルに修理したいと思いますよね?

そんな時には、修理業者を利用するのが有効的です。

スピーカーの修理も行ってくれますし、費用面でもリーズナブルなのでお得感があります。

特に、我らがスマレンジャー難波店にご依頼いただければ、早急に修理対応をさせていただいております。

顧客満足度も高く、多くのお客様から好評をいただいております。

スピーカー本体の修理から、水没の場合はスピーカーに関する以外の部位修理までを、親切丁寧に実施いたします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

iPhoneのスピーカーの進化は目覚ましいものがあり、進化していることが手に取るようにわかります。

その点で、故障した場合は早急な対応が強いられます!

もし故障した場合は、ぜひスマレンジャー難波店にお越しいただき、修理対応させていただければすぐに元通りの魅力的な状態にさせていただきます!