秋の行楽を上手く撮影できない!iPhoneのカメラが不調になる要因は?

 | ,  |  | 0

秋が深まる中で、紅葉が美しさを高めていますよね。

また、冬もまた違った美しい光景を楽しめるので、様々な旅先で新しい発見をすることができます。

そんな季節ならではの風景を写真に収めて一生の思い出にするのも良いですよね!

写真撮影と言えば、携帯電話が普及して以降、カメラに頼ることなく撮影することができるようになりました。

一方で、本格的な撮影をする上では、やはり一眼レフカメラなどに頼ってしまうことがあるのも事実です。

ただ、最近のスマートフォンのカメラの性能は侮ることができなくなっています。

特に、新型iPhoneでは一眼レフカメラに匹敵する高性能さを手に入れており、カメラフリーで手軽に撮影できるようになりました!

ただ、その肝心のiPhoneのカメラが故障してしまっては何の意味もありませんよね。

では、iPhoneのカメラにはどんな特徴があって、どんな故障が想定されるのでしょうか?

ここでは、iPhoneのカメラの可能性について探っていきます。

最新iPhoneのカメラにおける特徴は?

iPhoneは、元々カメラ機能を充実させたスマートフォンとして有名です。

それ以前に、Appleという会社自体がクリエイター向けする機能や性能を持たせたデバイスを数々と作っているという側面があります。

その考え方が、iPhoneにも息づいているわけですね!

特にカメラ機能が格段に向上した機種として、iPhone Xがあります。

iPhone Xは2017年11月に華々しく登場したスペシャリティのあるiPhoneです。

その分だけ価格は10万円を超えるなど、いい意味でも悪い意味でも話題を呼んだのは記憶に新しいところです。

そのiPhone Xのカメラとしては、一言で言えば一眼レフカメラをも凌駕する圧倒的な美しさのあるカメラ機能を有しているという点が挙げられます。

iPhone Xのカメラにおける基本性能を見てみると、12MP広角カメラと12MP望遠カメラの組み合わせで構成されています。

12MPは画素数を表す表記であり、一般的なカメラの性能を表示する単位に変換すると1,200万画素となります。

この数字は、現代のカメラでは限界とされる数字であり、その性能の高さが伺えますよね。

広角はƒ/1.8、望遠はƒ/2.4と、この数字だけ見てもカメラファンなら涎が出てきそうなハイスペックを誇っています。

広角は5mm判換算で28mm相当に位置し、iPhone 7 Plusで搭載されたカメラとほぼ同等レベルとなっています。

望遠レンズは35mm判換算で57mm相当に該当し、これもiPhone 7 Plusとほぼ同スペックとなっています。

遠くのものまで、広域でしっかりと札精することができるので、シャッターチャンスを逃すことがないカメラと言えますね。

広角と望遠のデュアルカメラ構成となっていますが、これを採用することにより様々なメリットがあります。

まず単純に、広角と望遠レンズで撮れるシーンの幅が広げることが可能となります。

一般的なカメラのレンズと違い、うまく合成した形での撮影が可能なので、更に多くの情報を写真として納めることができるのです。

また、背景をボケさせて撮影することもできるのが魅力的です。

人物を強調して、周辺の建物などの情報をぼけさるというテクニックがあるのですが、それを容易に実現できるというのが素晴らしいです。

プロのテクニックが簡単にiPhone Xで実現できるわけですね!

他にも、iPhone XSなどでは更に画像処理ソフトが進化して、撮影した後でも自由にぼかしたりコントラストを強調したりすることができるようになりました。

これなら、撮影した後に失敗した!という事も防止できますね。

広角と望遠レンズをうまく制御できているのも、各々にセンサーが付いており、更にそれをうまく制御できるシステムになっているのが大きいですね。

その他機能としては、デュアル光学式手ぶれ補正や4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps)、1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)、720p HDビデオ撮影(30fps)を確保しています。

ビデオの光学式手ぶれ補正もあり、常に安定した撮影ができるという点も評価されています。

iPhoneのカメラが故障した時の症状は?

信頼性が高いことで知られているiPhoneですが、完璧と言うわけではなく故障するリスクも当然はらんでいます。

カメラも然りであり、故障すると様々な症状が発生します。

まず、代表的な症状としてはカメラアプリを立ち上げても真っ暗な画面しか映らないという症状です。

殆どのアイフォンにおいて、バックカメラ(アウトカメラ)とフロントカメラ(インカメラ)があり、どちらかが真っ暗になる、もしくは両方とも真っ暗になるケースがあります。

どちらか片方が真っ暗な場合は、そのカメラだけが壊れていることが疑われますし、両方の場合は両方のカメラの故障もしくはカメラを制御する本体側の故障が疑われます。

似たような症状としては、アプリを立ち上げた瞬間だけは画面に表示されるものの、しばらくすると画面がフリーズしてアプリが強制終了するということがあります。

このケースにおいても、カメラ自体に何らかの問題が発生している可能性が疑われます。

ここまでがそもそもカメラ自体が機能しない症状でしたが、カメラは正常に動いているように見えても一部機能が正常に動作しないことがあります。

その例としては、通常iPhoneのカメラアプリにおいては、フォーカスしたい部分をタップすると、自動でタップした部分にピントが合うようになっていますが、タップしてもピントが合わない症状が発生することがあります。

この症状は、主にバックカメラで頻繁に発生することで知られています。

他では、フラッシュが焚けなくなったり画面が全体的に暗い、一部に余計な画像が映り込む、カメラアプリを立ち上げると振動が発生するなども考えられます。

iPhone X以降の特異な症状としては、顔認証が適切に実施できないということもあります。

これは、フロントカメラを使用して顔認証しているために、そのフロントカメラが故障することで必然的に顔認証が機能しなくなることを意味しています。

iPhoneのカメラを修理したい場合は?

iPhone Xになって、尚更カメラ機能が必需品になったために、故障したまま使用し続けるのは困難な話です。

もしかしたらカメラが壊れたかも?と思ったら、まずはiOS診断を実施してみることをお勧めします。

これは、様々なファクターでiPhone が正常に動作しているかをチェックできる機能ですので、カメラの故障も検知できる可能性が高いです。

もしそこでカメラ機能に異常があると判断された場合は、本格的に修理を検討しなければなりません。

カメラを故障する方法としては、Appleの公式サポートによる修理を受けるか、お近くの修理ショップで修理してもらう方法があります。

自分で修理するというのは非常にリスクが高いので、まず選択肢からは除外しましょう!

Appleの公式サポートでは、Apple 製品限定保証やAppleCare+の保証対象でない場合は、その他故障というジャンルに分類され、iPhone Xで言えば 62,400円もの修理費用が必要です。

かなり高いというイメージがありますよね!

修理業者に依頼する場合、数多くのショップがあってどこに頼もうか悩むこところです。

その中で、スマレンジャー 難波店では、まずは分解して汚れなどの影響が発生していないかをチェックした上で、故障個所を特定します。

その上で、Appleの公式サポートより遥かにリーズナブルな料金で修理対応いたします!

お客様の大切なiPhoneをまた元通りに復旧させるために尽力させていただいております。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

カメラ機能は、もはや生活する上でかかせないものとなっていますよね!

もし故障してしまった場合には、スマレンジャー難波店で早急に修理対応させていただきます!