iPhone修理時の代替機での注意点とは?

みなさんこんにちは!
スマレンジャー難波千日前店です!

 

利用しているiPhoneが故障してしまった!

 

早速修理を依頼したら、しばらく利用しているスマートフォンを預けることになった!

 

その代わりに代替機を準備してしばらく利用することになった。

 

 

そのような場面になってしまった人もいるのではないでしょうか?

 

・その場で修理ができた。
・新しい機種と交換することになった

 

ただ上記のように修理方法の選択によっては、代替機を利用しないケースもあると思います。

 

実際に修理依頼を出してみないと、今回の修理方法がどのような手法を取るのか分からないと思います。

 

故障した機種を預けて修理してもらう可能性もあることを意識するようにしましょう。

 

 

代替機を手配することになっても利用する期間は少しだけだし、大して気にすることも無い!

 

そう思っている人も事前に注意点が分かっているだけで安心できるものです。

 

今回は代替機の利用となった場合の注意点について紹介していきたいと思います。

 

利用しているSIMカードが利用できるのかを確認しよう

 

iPhoneを始めスマートフォンは購入時にはお店の方がSIMカードの設定まで行ってくれるケースがほとんどです。

 

そのため、SIMカードに種類があることをしらない人もいるのではないでしょうか?

 

SIMカードは以下の3種類存在します。

・標準SIM      横15mm縦25mm
・microSIM    横12mm縦15mm
・nanoSIM    横8.8mm縦12.3mm

ただSIMカード自体の性能には違いはありません。

 

主な違いについては大きさで、代替のスマートフォンの該当するSIMカードと、

 

故障してしまったiPhoneの利用SIMカードの利用種類が異なる可能性があります。

その場合は多少やっかいですが、そのままSIMカードを適用することができないので、

 

電化製品量販店などでSIMカードの変換機を購入する必要があります。

 

その場合には1,000円~2,000円弱の出費となりますので、事前に代替機の手配前に確認することをおすすめします。

 

話が前後してしまいますが、そもそもSIMカードって重要なのか?と思った人もいるかもしれないですね!

 

SIMカードが移せないとなると、どのようなことが起きるのかも説明します。

 

簡単にいうと、新しいSIMカードを入れるまで利用することができません。

SIMカードがあることで「インターネット」「通話」「メール」など相手とのやり取りを可能にしています。

 

今まで利用していたデータは存在しているものの、最近のアプリなどはオンラインでの利用がほとんどですので、

 

機能のほとんどが利用できなくなる結構重要なポイントです。

 

代替機自体が選択できないこともあるので、変換機の購入が必要となる点も意識しておきましょう!

 

古いバージョンの場合もあるので、バージョンアップやアプリダウンロードができるか確認しよう

代替機の場合、iPhoneであればiOSバージョンが古い可能性があります。

 

バージョンアップにはWi-Fi環境が必要となりますので注意が必要となります。

 

同じiPhoneであれば機種が古い程度であれば、操作方法が同じなので違和感無いと思います。

 

そのため、アプリの再インストールも「AppStore」から手軽に今まで利用していたものをインストール、データ復旧を行えます。

 

データ復旧まで行えれば、今まで同様の利用ができるので安心ですね!

 

ただ、代替機がAndroid機種であった場合は、メーカーによって操作方法が異なる点や、バージョンによっては(そこまで古い機種は無いと思いますが、、)利用できないアプリも存在するかもしれません。

 

事前にどのような機種が代替機になるのかを調べるのは難しいかもしれないです。

 

ただ、最近では中古のスマートフォンを販売している場所も多くなってきました。

 

iPhoneを購入となると、思った以上に費用がかさむ可能性もありますが、代替機のレンタルにも料金が発生することもあります。

 

その場合に備えて、代替機を自身で選んで購入してしまえば、このような心配をする必要が無くなるので安心です。

 

修理期間の長さなども考慮に入れて選択して頂ければと思います。

 

新規機種と同じくデータ移行する必要があることを認識しよう

修理できることになって一安心!

 

そしていざ預ける時になった時、「代替機がレンタルできる」「自身で購入して用意する」など。

 

代替機に対する準備については意識していても、データ移行のことまで意識できないかもしれません。

 

新たな機種を購入したことがある方はご存知と思いますが、

機種が新しくなった場合、自身で利用している「LINE」「Fecebook」などのアプリを新たにダウンロードして、
いざログインしようと思った際には、バックアップした「データ移行する作業」や「再ログイン」が必要になります。

 

ただ、代替機の場合であっても電話番号は同じ番号で継続利用できる可能性が高いです。

 

また最近はキャリアメールを利用せず、利用していてもWebを利用したメールを利用している可能性が高いでしょう。

 

そのため、気にするポイントとしては利用アプリのデータ移行のみを気を付けておけば大丈夫でしょう。

 

その場合に事前の「ID」「パスワード」の設定を行うことや、設定した内容を忘れないようにする必要があります。

 

また、代替機が当初利用しているスマートフォンと違う可能性があります。

 

iPhone同士であれば機種バージョンが違う程度では大して操作性が変わらないため問題にならないでしょう。

 

 

ただ、先ほども説明しましたがiPhoneからAndroidのスマートフォンへ変更となった場合は、機種メーカーが変わることでガラッと操作性が変わります。

 

修理期間にもよりますが、レンタル機の利用期間が数日間しか無いという場合。

 

データ移行を行うだけなのに思った以上に時間を浪費してしまった!

 

とがっくりしてしまう可能性があるので注意しましょう。

如何でしたでしょうか!

 

今回は「データ初期化」が発生した際の事前準備について紹介しました。

トラブルなんて起きてほしくないものですから、あまり考えていなかった内容ではないでしょうか?

 

ただ事前に頭の片隅にあれば、いざという時に焦らず行動できると思いますので、確認しておいてもらえる幸いです。

 

また、今回は紹介していないですが借りているスマートフォンをさらに故障させないように、細心の注意を図りましょう。笑

 

修理する際に費用が掛かっているのに、さらに費用がかさむようになります・・・

また、スマレンジャー難波千日前店では、修理だけではなく携帯買い取りの強化を行っています。

 

もし今現在お使いではない携帯やiPhoneがございましたら、ぜひスマレンジャー難波千日前店まで!

さらにiPhone修理スマレンジャーでは、修理のご依頼のさいご不要なiPhoneを買い取らせていただくことで、修理のお値段を安くさせていただくことができます

 

それだけではなく高値で買い取ることができる商品の場合、修理代金値引き以上にこちらから買い取り額をお支払いさせていただく可能性もあります!

 

詳しくは下記までお問い合わせください(*’ω’*)

 

iPhone修理戦隊 スマレンジャー難波千日前店

 

〒542-0076

大阪府大阪市中央区難波1-2-3

電話番号:090-8526ー1098

営業時間:12:00~23:00

年中無休