バッテリー膨張: iPhone(アイフォン)修理戦隊!スマレンジャー【格安で即日対応】

 |  |  | 0

みなさん、こんにちは!!

スマレンジャー難波千日前店です!

 

さて、本日ご紹介するテーマは”iPhoneのバッテリーの膨張”です!!

たまにお客様の中にもいらっしゃるのですが、「iPhoneを使っているユーザーはたくさんいらっしゃるのに、iPhoneのバッテリーが膨張することを知らない」という方があまりにも多いです・・・(>_<)

バッテリーはiPhoneの動力、言わばエネルギー源のような存在です。このバッテリーのおかげでiPhoneは動きます。

ですが、このバッテリーに負荷や不具合が起こり機能が停止してしまったら・・・?困りますよね・・・。しかも最悪の場合は爆発することもあるんです!!Σ(・□・;)そうなってからでは遅いです!そのような症状になる前触れとして膨張が始まるので、膨張は危険信号とも言えます!!

そこで本日はバッテリーの膨張についてご紹介します!

 

まずバッテリーが膨張することによる大きなデメリットとして以下の事例が挙げられます。

・画面の反応が悪くなる

下の図のようにiPhoneの内側から液晶を持ち上げるように膨張するので、場合のよっては部分的に液晶がダメージを受けTouchが反応しないという場合があります。もしくは、Touchはまだ反応しているが、内側から押し上げられているために、画面に白い点が出る場合もあります。

・バッテリー持ちが悪くなる

バッテリーが膨張しているということは、バッテリーに問題があるということです。(書かなくてもわかることですが・・・(笑))

もちろん、バッテリーに問題が発生すれば充電がたまりにくい・・・、バッテリーの持ちが悪くなる・・・なんてことになります。

・発熱や発火の危険性がある

ご想像の通り、発熱は発火することがあります・・・!

バッテリーはエネルギーの塊なので、最悪の場合は発熱や発火が原因で爆発することも・・・。

 

原因

では、どうしてこのようにiPhoneのバッテリーは膨張することがあるのか?

原因として挙げられるものはたくさんあり、諸説はありますが、下記のような症状が挙げられます。
・バッテリーの初期不良

・熱い場所での使用がある

・水濡れをしてしまった

・過充電をしてしまっている

その他に挙げられるものは、プールや海水浴で水濡れした後からのバッテリー膨張もあると言われています。

ですが、これらの原因に当てはまらず、

・水濡れもしていない

・熱い場所でも使っていない

・過充電をした覚えもない

・・・などの場合ですと潜在的なバッテリーの初期不良かと思われます。

 

対処法

バッテリー膨張をしたiPhoneの対処法は大きく分けて二つあります。

一つ目が、Apple以外の街のiPhone修理店などでのバッテリー交換での対処法。

こちらのほうは、時間・手間・値段はAppleに比べ格段に安く済みます(店舗・地域によって異なります)

 

二つ目が、Appleでの本体交換という対処法。

こちらのほうは、iPhoneをまるまる交換するので、データなどは消えてしまいます。また、事前の予約が必須なため、突然の持ち込み修理での対応は難しいかと思います。

また、iPhone本体まるごとの交換はお使いのiPhoneの機種や使用年数によって

・本体交換のやり方

・本体交換の金額

・対応機種なのか否か

が変わってきますので説明します!!

まず最初にバッテリー膨張をしてしまったiPhoneの使用年数を確認します。

使用しているiPhoneの使用年数(期間)を各キャリア会社のサイトから確認が可能ですので、使用年数(期間)を確認してください。

 

また、バッテリー膨張に対する本体交換のルールはiPhoneの購入日から2年以内なら無償での本体交換が可能です。

昔は購入から3年以内となっていたようですが、現在では2年以内と期間が短くなっています。

 

iPhoneのバッテリー膨張購入から2年以内ルールで店頭交換が出来る機種は決まっています。

・店頭交換が可能な機種

iPhone X, iPhone 8 Plus, iPhone 8, iPhone 7 Plus, iPhone 7, iPhone 6S Plus, iPhone 6S, iPhone 6 Plus, iPhone 6, iPhone SE, iPhone 5Sです。

 

・店頭交換が不可能な機種

iPhone 5C, iPhone 5です。

これら2機種は店頭交換の終了機種になりますので、アップルサポート経由での交換対応になります。(Apple Storeなどの大型店舗の店頭などでは交換ができる場合があります)

 

2年を過ぎた場合のバッテリー膨張の対応は、有償での本体交換対応になります。

2年以内の時と変わってくることは、

・お金が7800円(税抜き)がかかること

・アップルサポート経由で対応可能の2点です。

2年を過ぎると、Apple正規サービスプロパイダでは、店頭交換の対応が出来ませんので、アップルサポートでの配送交換を依頼する流れになります。(Apple Storeでしたら、店頭で有償交換ができる場合があります。)