【iPhoneX】【耐衝撃性性能】: iPhone(アイフォン)修理戦隊!スマレンジャー【格安で即日対応】

 |  |  | 0

皆さんこんにちは!!

スマレンジャー難波千日前店です!(((o(*゚▽゚*)o)))

 

2007年に初代iPhoneが登場して以来、iPhoneのハードウェアは3Gデータチップが4Gデータチップになり、RetinaディスプレイやHDカメラが搭載され、Touch IDの指紋認証センサー、押す強度を感知する3D touchセンサーを内蔵するなど、いくつものアップグレードを重ねてきましたよね。「前モデルより24%薄く」「18%薄く」「9%薄く」というようにモデルを一新するごとにボディは薄くなり、「前モデルより2倍速く」「そのまた2倍速く」というように処理速度も改善が続けられています。

一方で、約10年にわたってガラス製のスクリーンに変化はなく、Appleは何千万人ものユーザーを苦しませている「脆弱性」を放置しているとのお声もあるのも事実。。。

といいますのが、iPhoneには強度の高いゴリラガラスが使われているものの、故障するiPhoneの25%は「スクリーンの破損」が原因で、iPhoneユーザーの15%は破損したままのスクリーンを修理せずに使っていることがアメリカ電化製品の保証会社・SquareTradeの調べでわかっています。

実際にiPhoneは1メートル未満の高さから落下しただけでクモの巣状に割れてしまうことがあり、iPhoneユーザーであれば「画面が割れてしまった」という経験は一度くらいあるかもしれません。

 

また、突然ですが最近最新機種に機種変をされた際に

iPhoneXとiPhone8 どちらを選択されましたでしょうか?

どちらもガラス素材を採用されておりますので、耐衝撃性は大丈夫かどうか気になりますよね。

 

そこでAppleが2017年11月3日にリリースしましたiPhone Xを

保証サービスを提供しておりますアメリカ電化製品の保証会社・SquareTradeが落下試験を実施し公表されました。

その結果としまして、ほぼガラスで覆われたiPhone Xは今までのiPhoneで最も壊れやすいiPhoneとなっていることが明らかになったよなのです。

試験内容につきましては

6フィート(1m)の高さからコンクリートに前面、側面、背面で落下させるというものとなっているようです。

そこで、一番最初の側面から落とす落下テストによりiPhone Xのディスプレイの表示がおかしくなってしまったようです。

次に前面部分のガラスが粉砕されてしまいSuper Retinaディスプレイのタッチパネルが反応しなくなってしまいディスプレイの表示もおかしくなってしまう現象も発生した模様です。

さらにiPhone Xの目玉機能でしたFace IDも動作しなくなってしまったようです。

そして、背面から落とした場合も、同様にガラスは粉砕してしまうようです。

次にショットテストと呼ばれる車の屋根から落下をシミュレートする落下試験を実施されたようです。箱の中にiPhone Xを入れて60秒間回転されるというテストのようです。

この試験の結果でも背面部分のガラスが割れてしまいディスプレイの異常、Face IDが動作しないといった症状が出てしまったようで
す。

 

落下試験の結果、iPhone Xが壊れるリスクは100点満点中90点となったようです。

この点数は数字が高いほど壊れやすいということになります。

過去のモデルで同じくガラス筐体を採用していたiPhone 4も6フィート(1m)の高さからガラスが粉砕していたようですが、ディプレイが故障したり、操作することができなくなる症状は出なかったようで、iPhone Xについてはガラスの割れやすさだけではなく内部部品のダメージも受けやすいのかもしれません。

なお、落下によるリスクはiPhone 8は64、iPhone 8 Plusは74、Galaxy note 8は80というスコアとなっており、iPhone Xは最も壊れやすいデバイスと言えるのかもしれません。

 

実際に当店にて分解しておりますが各パーツや接続部分の端子はiPhone7時の際と比べ全体的に小さく仕上げている印象でした。

 

iPhone XはAppleCare +に加入することで11,800円で破損したディスプレイを修理することができますが、AppleCare +に加入する価格が通常のiPhone 8の14,800円よりも8,000円も高い22,800円となっています。壊れやすいのにAppleCare +に加入するための料金が高いという、全体的に値上がりしたiPhoneということになります。

ですが目新しい機能がiPhoneXに備わっているのも事実、、、

コストパフォーマンスや性能面どちらを重視するかで選択は変わってくると思います。

 

当店では、割れないためにも当店ではスマホケースの着用、対衝撃フィルムの使用を推奨しております。

また、せっかくのデザインを安価なケースで囲みたくないといった方にはガラスコーティングをオススメしております。

是非、iPhoneXをご購入されたお客様はご検討くださいませ!!

 

 

iPhone修理難波千日前店はこちら