iPhoneケース:iPhone(アイフォン)修理戦隊!スマレンジャー【格安で即日修理】

 |  |  | 0

こんばんは! スマレンジャー難波千日前店です!

 

さて、本日はiPhoneのケースについてご紹介します!

ケースってどれも一緒じゃない。。。?笑笑 と思われるかもしれませんが、実はケースをつける、つけないでiPhoneを守れる守れないがかわってくるのです!

いつのまにか、iPhoneにケースをつけるのがひとつのオシャレになってきまいしたが、新しく発売されたiPhone8や、iPhoneXではケースの重要性が改めて再確認出来ます。なぜなら、iPhone8とiPhoneXは背面がガラスなので、いくら強化ガラスとはいえど割れてしまう時は割れてしまいます。。。(涙)

さらに、iPhone8シリーズでは本体周囲の素材はアルミ、iPhoneXではステンレスを使用しており、強く打ち付けてしまうとキズがついてしまいます。。( ;∀;) さらにもしそれを修理するとなると画面などの割れ具合などによっては修理費がかなりかかってしまう場合があります。。そうならない為にも、ケースを買って少しでもiPhoneへの負担を少しでも減らしてあげましょう!

また、キャリアによっては、毎年発売されるiPhoneの新機種に買い替えることが出来るプランがあるようですが、機種変更時には基本的に以前使っていた機種は回収されます。その時に本体や液晶画面にキズや破損がある場合は回収出来ない。。。なんて条件もあるみたいです。やっぱり個人の大切なデータが入っているスマートフォンは大切に、キレイに使いたいですよね!そのためにもケースは必要不可欠な存在なのです!!

 

っといっても、「それでもケースをやっぱりつけたくない!」という裸派の方々もいらっしゃると思います。

そこでケースをつける、つけないのメリット、デメリットをご紹介します!

メリット

❶スマートフォンを守れる

❷細かいキズ、落下の衝撃から防ぐことが出来る

❸お好みのデザインをつけることが出来る

❹カードを収納出来るなど、他の用途にも使える

❺防水、防塵対応のケースがある

などの理由があります。

確かに、やっぱり一番の理由は、”スマートフォンを守れる”ですよね!

次に、デメリットを紹介します。

デメリット

❶熱がこもりやすい

❷本体サイズが大きく、重くなってしまう

❸素材によってはポケットから出しにくい

❹取り外しにくいものもある

❺いいケースは高価で、買いづらい

などの理由があります。

確かに、ケースのよっては熱がこもりやすいものもあって、中にはホコリなどがつきやすいものありますよね!僕が以前使っていたiPhoneケースはホコリがよくつくケースだったので、ポケットに入れると小さなゴミなどがたくさん付いてしまっていました( ;∀;)

 

 

では、次にケースをつけないことへのメリット、デメリットをご紹介します!

メリット

❶スマートフォン本来の姿で使うことが出来る

❷置くだけ充電が簡単に出来る

❸放熱が簡単に出来る

❹ケースなどが干渉せず、カメラが使える

❺お金がかからない

などの理由があります。

確かに、ケースによってはカメラの位置を塞いでしまっているものもあるので、写真を撮る時ひと苦労しますよね。

それに、iPhoneではiPhone8から搭載された置くだけ充電では、ケースによってはケースをつけたままでは充電出来ないというものもあります。そんな時はケースがない方がいい!なんて思うこともありますよね。

では次にデメリットです。

デメリット

❶スマートフォンを落とした時にキズつく確率が高くなる

❷落下の衝撃にかなり弱い

❸落として壊すと修理費がかなりかかる

❹防水防塵機能がないスマートフォンだと突然の雨の時にダメージをうける

などの理由があります。

確かに、ケースを付けている場合と比べて付けていない場合だと落とした時のキズがつく確率はかなり大きいですよね。僕はiPhoneに大きくてゴツいケースを付けているので、 落としても守ってくれて未だに画面などにキズはありませんが、ケースにはいくつかキズがあります。もしこのキズがスマートフォン本体についてしまったら、、、と考えるととても恐ろしいです( ;∀;)

 

 

では次に、ケースの種類についてご紹介します。

ケースといってまとめてもその中にはたくさんの種類があります。

そこで、それぞれのケースの利点をご紹介します!

①ハードケース

金属やポリガーボネードなどを素材に使っていて、衝撃には強いものが多い。金属でできたものは高級感があるが、重量が少し重くなっているものもあります。

②ソフトケース

シリコンなどでできたものが多く、柔らかいので脱着がものすごく簡単にできるものが多い。

柔らかい素材がクッションになり、落下の衝撃をやわらげてくれることもある。

③フリップケース

手帳型と呼ばれるディスプレイ面も覆うことができるタイプ。スマートフォンの画面にフィルムを貼りたがらない人にはオススメ。また、定期券やクレジットカードなどのカードを収納できる場所がついているものが多く、収納面では一番人気といってもいい商品です。

 

 

いかがでしたでしょうか?

スマートフォンにケースをつける、つけないどちらにしてもスマートフォンを使っているには変わりはありません。

方法はいくらでもあると思いますが、できる限りスマートフォンを落とさず、また、落としてもスマートフォンを守ることができるようにしてあげてください!

スマートフォンはなかなか高価な商品です。中にはユーザーの大切なデータが入っているので、よく落とす方は万が一の場合を想像して定期的にデータなどのバックアップをとっておくことをオススメします!

iPhone修理難波千日前店はこちら