iOS11でスリープボタンを使わずに電源を切る方法【大阪大正駅前店】

こんにちは、スマレンジャー大正駅前店です。

今日から、ブログを書いていきたいと思います。

12月1日に大正駅のそばでオープンさせていただきました。

iPhoneの修理のことや、iPhoneの機能について書いていこうと思ってます。

今回は、スリープボタン(電源ボタン)を使わずに電源を切る方法について書いていきたいと思います。

スリープボタンを使わずに電源を切ることをシャットダウンオプションと言うらしいです。

今までは端末の電源を切るには、本体のスリープボタン(電源ボタン)を長押しするのか、

AssistiveTouchを使って、スリープボタン(電源ボタン)を使わずに電源を切る方法もありました。

iOS11では、新たにシャットダウンオプションが追加されました。

設定アプリの関連項目をタップするだけで電源をオフにする画面を表示するもので、スリープボタンが壊れてしまったなどで電源が切れない時に使える機能です。

シャットダウンオプションの手順

設定から一般を開きます。

 

ホーム画面から設定をタップして開いて

一般をタップして開く

 

 

 

 

 

 

一般設定項目が表示されます。下までスクロールします。

 

 

 

 

 

 

 

 

システム終了をタップします。

あとは、スリープボタンを長押ししたときのようにスライドで電源オフの画面が表示されます。

スライドすると電源をオフにできます。

以上がスリープボタン(電源ボタン)使わずに電源をオフにする方法でした。

今日は、ここで終わらせていただきます。

iPhoneの事で何かありましたら、スマレンジャー大正駅前店までご相談ください。

〒551-0002
大阪府大阪市大正区三軒東1丁目18-1
電話番号:090-9273-0802
営業時間:10:00 ~ 21:00
定休日:年中無休

よろしくお願いいたします。