iOS11で、標準カメラを使ってQRコードを読み取りたい方へ: iPhone(アイフォン)修理戦隊!スマレンジャー【格安で即日対応】

 |  |  | 0

こんにちは、スマレンジャー難波千日前店です。

今日は、標準のカメラアプリでQRコード読み取りたいと思っている方にご紹介します。

 

iOSの標準カメラでは、いままでQRコードの読み取りに対応していませんでした。QRコードをiOS端末で読み取る場合は、App StoreにあるQRコードを読み取るアプリが必要でした。

iOS11の標準カメラには、QRコードの読み取り機能が搭載されます。設定でカメラでのQRコードスキャン機能をオンにするだけで、すぐに読み取れるようになります。

iOS11で標準カメラアプリのQRコードスキャンを有効にする手順

 

設定から、カメラの設定を開く

ホーム画面から設定から、カメラをタップします。

 

 

カメラの設定項目が出てきます。使用しているiphoneによって表示項目は異なりますが、QRコードをスキャンの項目をオンにすると、標準カメラでQRコードの読み取りが可能になります。

 

 

 

 

 

標準カメラでQRコードを読み取ってみましょう。

 

ホーム画面などからカメラを起動します。QRコードスキャンの設定を有効であれば、撮影画面内にQRコードを収めるだけで読み取りが出来ます。

 

 

 

 

 

 

シャッターボタンをタップする必要はありません。しっかりと判別できるQRコードを撮影画面内に収めるだけで読み取ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

iOS端末の標準カメラで読み取れるQRコードでは、さまざまな活用術があります。上記のように、WebサイトをSafariでそのまま開いたり、マップで表示できる位置情報を共有出来たり、電話番号をQRコードにして読み取れば、ダイヤルキーをタップすることなく電話を発信することもできます。

その他の活用術は、次回にでも、書いていけたらなぁと思います。

またiphoneのことでお困りのことがございましたら

スマレンジャー難波千日前店までご相談下さい。

〒542-0076

大阪府大阪市中央区難波1-2-3

電話番号:090-8526-1098

営業時間:12:00~23:00

定休日:年中無休

iPhone修理難波千日前店はこちら