電卓機能を使ってみる!

ミニコラム

 

こんにちわ!
スマレンジャー近鉄八尾店のアルバイトの上田です!

 

今回は、iphoneの電卓の機能についての情報を、
ご紹介したいと思います!

 

iphoneの計算機って何気に使いませんか?
そんな時のお薦めの機能をご紹介したいと思います。

 

計算で良くしてしまうのが、打ち間違い!
0が一つ多かった・・・
3じゃなく4ってこと結構あるのではないでしょうか?

 

そんな時は、「一番後ろの数字は消せる!」

 

何気に便利じゃありませんか?
今までなら、一文字間違えても、

「C(クリア)」で全部消してませんでしたか?

 

「全部消す」必要ないんです!!

 

その方法は、

 

 

「右か左にフリックする」
これだけです。

「右か左にフリックする」だけで最後に打った数字が一つ消えます!

 

 

もう一度フリックするともう一文字消えます!!

 

 

これで「C(クリア)」で消さなくても大丈夫ですね!!

意外と便利な機能なので、是非使ってみて下さい!

 

 

追記として、
先日、TVでiphoneの電卓機能を使ったマジックをしていました。
そのやり方も載せておきますね!

 

TVでやられていたのは、暗証番号を当てるという内容でした。

やり方としては、

騙したい相手にiphoneを持ってもらって、
iphoneの電卓を立ち上げます。

何でもよいので好きな数字を入れてもらいます。

 



「+」を押してもらいます。←「+」でないと駄目です!

 


「パスコード」を入れてもらいます。

 


「イコール」を押してもらいます。

 


適当な数字が出てきます。

ここで相手からipheneを受け取って、相手にわからないように、

 

「C(クリア)」ボタンを押し、イコールを押すと
「パスコード」の番号が出てきます!!
それを相手に見せれば・・・とういう内容になっていました。

 

これは、ipheneの電卓機能で、

電卓の「C(クリア)」を押したのちに「イコール」を押すと
「一つ前の数字」に戻る機能があります。
「+」数字は何回でも変わりません。

 

この機能を使って、「パスコード」がわかったわけですが、
決して「パスコード」でないといけないという訳ではありません。
「任意の数字」でもこの機能は使えるので、
試しに自分のiphoneでやってみても面白いのではないでしょうか?

相手に「インパクト」を残す場合だと
「相手の携帯」を使って、

「パスコード」を入力してもらった方が、
マジックとしては良いかもしれないですね。

 

注意としては、足し算のみでこの機能が使えます。

 

こんな機能も兼ね備えているiphoneの電卓を使われてみてはいかがでしょうか?