iOSアップデートしないと・・・?: iPhone(アイフォン)修理戦隊!スマレンジャー【格安で即日対応】

こんにちは!スマレンジャー難波千日前店です!!

 

 

iPhoneを使っている方にはお分かりかと思いますがiPhoneを含むApple製品のほとんどには「iOS」と呼ばれるシステムが搭載されています。

このiOSは定期的に最新版が配信され、新しいものにアップデートしていくことでiPhoneの新機能を使いやすくしています。

先日もiOS 11.3.1がリリースされ、iPhone 5s以降に発売されたiPhone、iPad Air 以降に発売されたiPad、iPod touch (第 6 世代)以降のiPod touchが対象のようです。

新たな機能・既存の機能の追加とバージョンアップがされています。

基本的には新しいiOSがリリースされたらそれにアップデートするのが一番良いのですが、まれにもう何年もアップデートしていないという方もいらっしゃいます。新しいiOSがリリースされてすぐにアップデートする必要はありませんが、何もしないで数年経ったりしてしまうとどうなるか皆さんご存知でしょうか?

・iPhone内部データの破損

・個人情報の流出

・新機能が使えない

・動作が遅くなっていき、快適に使えなくなる

・ソフトウェアを狙ってウイルスが入る可能性がある

以上の例を挙げてみました。見るからに悪いことばっかりですよね(T_T)

あくまでこれらは一例にすぎません。基本的にアップデートはバグが見つかったとか、改善する必要があると判断された上で新しく配信されているので、iPhoneを使っていく上でとても重要なことなのです。

また、これらの他にも想像していなかったトラブルに巻き込まれる可能性もあるのです。(>_<)・・・って考えただけで怖くないですか?( ;∀;)

ですので、新しいiOSのアップデートがきたら、アップデートすることをオススメいたします!

 

 

また、iPhoneをアップデートするときの要注意事項についてもご存知でしょうか!?

意外とみなさんご存知ないようですので、ご説明させていただきます!

・しっかり充電もしくは充電しながら

iPhoneの充電が少ないときにアップデートをすると、アップデートが失敗してしまいiPhoneが使えなくなる状態(リカバリーモードやリンゴループなど)になってしまうことがあります!

また、アップデートは時間がかかって電池をたくさん消耗する場合があります。アップデートは充電器に刺した状態で行うのが一番良い方法です。

・安定したWi-Fiを使う

以前はアップデートを行うときにはiPhoneをパソコンに繋いでアップデートする必要がありましたが、今はWi-Fiにさえ繋いでいればアップデートすることできます。逆にいうとアップデートをするためには必ずWi-Fi環境が必要となります。

特にOSのアップデートには必ずWi-Fiが必要になります。

しかしWi-Fiの通信が安定していないと、アップデートの途中で電波が途切れてしまってアップデートに失敗し、これもiPhoneが使えなくなってしまう原因になります。

アップデートの内容によっては通信を2GBぐらい使う場合もあるので、持ち運べるモバイルWi-Fiルーターなどを使っている場合は特に、通信制限などに気を付けてアップデートを行いましょう。

また日中や夜9時ごろはインターネット通信の速度が遅くなりがちなので自宅の環境によっては安定しているとは言えない場合があります。

そういう方は夜中や早朝など安定してインターネットが繋がるタイミングで行ってください。

・すぐにはアップデートしない

1年に1度の大きなアップデート(大体iPhone新機種が発表・発売される時期に多い)は、iPhoneの画面内容(デザインなど)が大幅に変更されたり、新機能がたくさん追加されたりとiPhoneが大きく変化します。

このアップデートは夜中、ユーザーが寝ている間に開始されることが多いんですが、最初のうちはたくさんの人たちがアップデートしているので、失敗してしまうことが多くなります。

数日経てばアップデートする人も少し少なくなるため、アップデートができるようになったからといってすぐに行わず、数日待ってからアップデートを行ってください。また、数日経てば新しいiOSにアップデートした人たちの感想や評価を聞くことができるので、新しいiOSがリリースされてから一週間くらいは様子見の期間を設けるのもいいかもしれませんね!

・容量に注意

これら3つの注意事項をまもってそのままアップデートしたとしてもiPhone端末の容量がなければアップデートは失敗してしまう可能性もあります。

普段使っていないアプリなどがかなりの容量を占めている事ってよくありますよね?それらのアプリを消すなどしてアップデートするのも一つの手段です!

・アップデートに失敗した場合は?

最初にお話した注意事項を守らなったときなどに稀に起こる症状としてリンゴループというものがあります。

リンゴループとは、iPhoneが起動する際に表示されるAppleのロゴであるリンゴマークがずっと表示され、次の動作に進めないというものです。

これになってしまうとなかなか厄介です!・・・( ^ω^)ですが、もしなってしまった場合はバッテリー交換で治る可能性があります!そんな時はお気軽にお尋ねください!(※iPhoneの状態などによりバッテリー交換で治らない場合もございます。)

 

iPhone修理難波千日前店はこちら