2018年のiPhone: iPhone(アイフォン)修理戦隊!スマレンジャー【格安で即日対応】

こんにちは!スマレンジャー難波千日前店です(*´▽`*)

 

ゴールデンウィーク真っ最中ですね!!この大型連休で難波・千日前エリアもたくさんの人々でにぎわっています(*’▽’)

みなさんはどこかへお出かけされましたか?ぜひ、難波にお越しの際はスマレンジャーでおこしください!!iPhoneケースをたくさん取り揃えてお待ちしております!!

 

さて、本日ご紹介するのは2018年のiPhone事情です!!

AppleからiPhoneが毎年途切れることなく、新モデルのiPhoneが発表・発売されていますが、今年発売されるiPhoneの情報がやってきましたので、ご紹介します!!

 

 

①今年のiPhoneの名前は「iPhone」かもしれない!?

iPhoneといえば、毎年新モデルが登場するたびに名前の数字が増えるのが恒例になっています(新モデル名にSがはいったりだとか、iPhone X “テン”という例外もありますが)。そんな中、今年の新型iPhoneの名称がシンプルになるという報告があります。

前提として、今年のiPhoneは有機ELディスプレイを搭載したモデルが2つ、液晶ディスプレイを搭載したモデルが1つ登場すると言われています。

新型iPhoneでは液晶ディスプレイを搭載したモデルのほうがナンバーなしの「iPhone」と名付けられるそうです。いっぽう有機ELディスプレイを搭載したハイエンドモデルでは「iPhone X」の名前が引き続き利用されるとのこと。これはどういうことでしょう? 新モデルが「iPhone X 2」みたいな名前ってことですかねー?

 

 

②ついについに「iPhone SE 2」が発売かも・・・!?

いよいよ5月にも発売されるかもしれない、アップグレードモデルの「iPhone SE 2」。情報によると「iPhone SE 2」は「JAGUAR(ジャガー)」というコードネームで呼ばれているようです・・・!( ^ω^)・・・ジャガーってなんかカッコイイですね・・・。(笑)

また、iPhoneはリリース前にコードネームで呼ばれることあるみたいで、「iPhone 8」が発売前には「フェラーリ」というコードネームで呼ばれていたとか・・・。遊び心があって僕はとてもいいと思いますね!(*´▽`*)

そして外観上の特徴としては、「iPhone SE 2」にはガラス製のバックパネルが採用されると伝えています。もしこの情報が正確なら現行モデルの「iPhone SE」よりも高級感と質感が向上しそうですね! サイズは現行モデルの「iPhone SE」と同じと言われていますが、新機能として昨年に発売された「iPhone 8」、「iPhone 8 Plus」、「iPhone X」に搭載されたワイヤレス充電への対応や搭載が検討されているという情報もあります。ワイヤレス充電に対応しているスマートフォンにはガラス製バックパネルを採用することが多いようなので、信憑性はかなり高いかと思われます。また、Appleはユーラシア経済委員会に新型のiPhoneのモデルナンバーを複数登録しているようで、これらの情報からまとめると「iPhone SE 2」は5月の後半にも発売されそうです。

また、他の情報によると「iPhone SE 2」は「iPhone X」のような全面スクリーンになり、ホームボタンが廃止されるなどという情報が入ってきていますが、もしそのパターンになってしまうと「iPhone SE」シリーズの特徴のひとつである「低価格で高性能」というコンセプトの実現が難しくなりそうになりそうです。。僕個人の意見としては「iPhone SE」のサイズで画面が大きいと手のひらサイズで持ちやすく、画面も大きいので動画が見やすいなどというメリットがあるので、とてもいいと思います!!もし発売されたら確実に機種変更しますね~(^_-)-☆

現行モデルの「iPhone SE」が人気のモデルなだけに新モデルにはかなりの期待が寄せられているようですね!

 

 

③3モデル発売。ガラス強化で3D Touchが非対応になるかも・・・!?

今年投入される3モデルの「新型iPhone」のうち、液晶ディスプレイを搭載し廉価に販売されると噂の6.1インチモデル。こちら気になることに、「3D Touch」機能が搭載されないという情報が登場しているのです。

とある情報によると、6.1インチのモデルはシングルカメラを搭載しており、本体のフレームはステンレス製ではなくアルミ製に変更となり、3D Touchも搭載されないとのことです・・・・・・( ;∀;)

その他の気になる情報として、ディスプレイにはさらに硬いガラスが採用されるという情報があります。これにより、さらに衝撃に強くなるんだとか。なお、販売価格は以前の予測よりも少し高めな700ドル~800ドル(約7万6000円~約8万7000円)となるようです。

個人的には3D Touch機能を結構使っているのでもし非対応になってしまったら困りますね・・・( ;∀;)、LINEのトーク画面では既読せずにメッセージを読めたり、ネット検索では新しいタブを開くことなく記事が読めたりと使ってみると結構便利です。そんな隠れ機能もあるんです!!

 

iPhone修理難波千日前店はこちら