iPhone6の修理ならスマレンジャー【格安で即日対応】

トイレや洗面所やお風呂にiPhoneを落としてしまったり、飲み物をここぼしてしまってiPhoneが濡れてしまったことはありませんか?

「iPhone フリー画像 水没」の画像検索結果

 

電源が入らなくなった水没iPhoneも元通りにすることは可能です!!!

 

※ トイレや洗面所やお風呂に落としてしまって水没などで内部に水分が入ると、錆びや腐食の原因になります。
iPhoneの水没は、経過時間が短ければ短いほど復活する可能性が高くなりますので、出来るだけ早く修理に出すことをオススメします。

 

 

 

iPhone水没時に絶対にやってはいけないこと。

 

 

① 電源を入れたり、充電したりしない。

iPhoneの内部に水分が残ってしまっている状態で電源を入れてしまうと、基盤をショートさせてしまう恐れがあります。場合によって、修理及び復旧ができなくなる恐れがあります。
もし電源が入り使えた場合でも、中に水分が基盤を腐食させてしまって急に壊れてしまう可能性があるので気を付けてください。

 

② 中の水をだそうとしてiPhoneをむやみに振らない。

振ってしまうとiPhone内部に水を行き渡らせる結果となり、状況がもっと悪化してしまう可能性があるからです。iPhoneの構造上振っても水は出てくることはありません。

 

③ 分解しない。

むやみに分解を行ってしまうと、2次障害が発生し修理及び復旧ができなくなる可能性が高くなってしまいます。

 

④ ドライヤーで乾かさない。

ドライヤーで急激に温度を上げてしまうと壊れてしまう可能性が大幅に上がってしまいます。

 

⑤ 電子レンジに入れない。

基盤やメモリが焼けてしまい、修理が出来なくなってしまいます。

 

お客様のご都合に合わせて修理項目をご提案

 

水没復旧、画面交換、バッテリー交換、etc…

修理はできるけどあまりにも項目が多く、お見積もりが高額になってしまうことも…。

 

そんなときは、お客様のご都合に合わせて修理項目をご提案させて頂きます。データだけどうしても取り出したいという場合、例え画面がつかなくても、PCに認識できる状態まで修理できたらその時点で修理作業をやめるということももちろん可能です。

 

お客様のご都合・ご予算に合わせての修理をご提案しますので、ご要望などありましたら受付の際にお気軽にお声かけ下さい。

 

 

水没だけでなく、iPhoneの調子がおかしいな?と感じた場合は精密機械なのでむやみやたらに分解したりせず、修理屋に行ってスタッフに相談することをオススメします。^^