「iphone10年の歴史」

こんにちわ!
スマレンジャー近鉄八尾店のアルバイトの上田です!

 

今回は、iphoneの歴史に関することについて、
ご紹介したいと思います!

 

iphoneは、発売開始してから今年で10周年となります。
2017年には、iphoneⅩ(テン)が発売となります。
皆さんも色んな機種を使われてきたかと思いますが、
いつ頃発売されたのかを振り返ってみましょう!

 

・iphone(初代)

2007年1月9日に発売
日本では未発売のモデルとなります。
携帯電話、音楽、インターネットが一度に出来るデバイスとして発売される

 

・iphone3g

2008年7月11日に発売

日本では、softbankが提携して発売される
液晶画面は、「3.5inch」と今では小さい

 

・iphone3gs

2009年6月19日に発売
iphone3gを改良
とくに通信スピードが大幅に進化する

個人では、中古端末を購入して、docomoのSIMを挿して使い
通信費が10000円を超えていました・・・。

 

・iphone4

2010年6月24日に発売
デザインが一新され発売されたモデル
両面ガラスが採用される
両手を抑えると電波のアンテナが消える障害あり

 

・iphone4s

2011年10月14日に発売

auが販売に参戦
「Siri」が搭載される

個人では、auで端末を購入して、バックパネルや液晶をカスタムしていました。

 

・iphone5

2012年9月21日に発売
液晶画面が「4inch」へ
Lightningケーブルが採用

 

・iphone5S/5c

2013年9月20日に発売
docomoが販売に参戦
5Sは、指紋認証「Touch ID」が採用
5Cは、カラーバリエーションを追加

個人では、4sをいじりすぎて破損させ、機種変更し端末です。

 

・iphone6/6plus

2014年9月19日に発売
画面の大きさが、iphone6「4.7inch」、iphone6Plus「5.5inch」と大幅に変更される

 

・iphone6s/6sPlus

2015年9月25日に発売
3D Touchが採用

 

・iphone SE

2016年3月21日に発売
iPhone SEの「SE」は「Special Edition」
iphone5Sと同じ大きさながら、処理能力は、iphone6sという優れもの

 

・iphone7/7Plus

2016年9月16日に発売
アンテナのラインが無くなりすっきりしたデザイン
「Apple Pay」の実装される

 

今年には、iphone8/8PlusとiphoneⅩが発売発表されました。
個人的には、9ってどこ行ったの?ってことと次に9ならおかしくないかな?と
勝手なことを思っています。
修理的には、iphone4/4sはバックパネルから開くタイプ、それ以外は前面開きとなっているので、
今回のiphone8は前面だと思われるのですが、iphoneⅩが不明です・・・。
まだ修理できるかどうかもわかっていませんが、パネルにガラスを使用しているので、
恐らくですが、割れるので修理出来るのかどうかが問題かもしれないです。