オフラインでもYouTubeを楽しみたい【iPhone修理戦隊スマレンジャー近鉄八尾】

 |  |  | 0

筆者が子供の頃の楽しみといえば、専ら読書かゲーム、そしてテレビであった。

 

今のように手軽にネットに繋ぐことの出来ない当時としては、唯一と言っていいほどのコンテンツであり、面白可愛い動物の姿や映画、一部の海外ドラマ、化学系の番組など、自分の知らない世界をほんの少しうかがい知ることができたものだ。

 

ところが今や、当時とは比べものにならないほどネットは普及し、いつでもどこでもある程度なら使えるようになった。

 

裕福な友人が持ってたデスクトップPCを指を加えて見ていた筆者も、現在ではPC1台、ノートPC1台、iPhone1台所持し、自宅用とiPhone用とで2つのネット回線を所持している。

 

時代の移り変わりとともに扱える技術は高度に、そして手軽になってきている。

 

そうして、ネットへのアクセスが簡単ということは、発信も受信もより手軽になってきているわけだ。

 

誰もが視聴者になり、誰もがコンテンツの提供者となりえる時代だ。

 

テレビの専売特許であったコンテンツの提供は、今やネットに変わりつつ有る。

 

その中の1つが、「YouTube」だ。

 

いつも誰かが新しいコンテンツを続々と投稿しており、さらに一旦見逃しても過去の動画を見返すこともできる。

 

中にはテレビ顔負けの動画を投稿している投稿者も居り、単純に莫大な数があるので自分好みの動画も発見できるだろう。

 

そのYouTubeだが、いつでもどこでも見られるかというとそうではない。

 

憎き速度制限があるからだ。

 

1日にいくつもの動画を見ているとあっという間に通信の容量を使い果たしてしまい、通常のネットブラウジングさえ遅くてままならなくなってしまうだろう。

 

そうならないように筆者は、気に入った動画を自宅の定額制のネット回線でDLしている。

 

そして、移動中や暇な時に見るようにしているのだ。

 

多少せこい話だが外で使えるネット回線の容量が制限されているので致し方ない。

 

そうして、その小細工に役立ってくれるアプリが「Clipbox」だ。

 

この「Clipbox」を起動すると表示される「クリップ」をタップしよう。

 

そうして「ブラウザ」を選択し、画面中央の検索欄に好きなサイトを入力しよう。

 

ここでは例えば「YouTube」としておこう。

 

するとYouTubeがアプリとしてではなくサイトとして表示されるので、あとはお好みの動画を検索し閲覧しよう。

 

そして目的の動画を再生し「+」をタップ。

 

画面中央に「ブックマークに追加」「Are you ok?」「キャンセル」と上から順に表示されるので、真ん中の「Are you ok?」をタップ。

 

因みに日本語訳すると「準備はいいですか?」だ。

 

タップすると更に「Really?」と真ん中に表示される。

 

「本当に?」と確認しているわけだ。

 

その動画で間違いないのなら「Really?」をタップしよう。

 

最後に、保存先を選択して「OK」をタップするとダウンロードが開始される。

 

どうしても外でリアルタイムで動画を見なければならない、という場合以外はこうして、本体に保存しておいてあとで見るのが良いだろう。