取り扱い注意!!iPhoneのよくあるトラブル: iPhone(アイフォン)修理戦隊!スマレンジャー【格安で即日対応】

取り扱い注意!!iPhoneのよくあるトラブルのご紹介

 

関連画像

 

 

スマホの中でも特に人気なのが、iPhone。
次々と新しいシリーズが出続け、豊富なアプリとその利便性は人々を魅了し、長きに渡ってトップシェアを誇っています。
そんなiPhoneもとても繊細な電子機器。些細なことが原因で故障してしまうことも多々あります。
今回は多くの人が頭を抱えたよくあるiPhoneトラブルの事例や対処法をご紹介します。

 

 

 

タッチパネルが反応しなくなった

 

この場合多くはiPhoneのバグによって反応が鈍っている、もしくはフロントガラスと液晶の間に薄い膜のように挟まれたタッチを感知するデジタイザというパーツが破損したことで起っています。以下のような方法で直る場合もありますので、まずは試してみてください。

 

» 本体を再起動させる
タッチもスライドも出来ない時、まずはiPhoneの本体右側にある電源ボタンを長押しして画面に表示された「スライドで電源オフ」が出来るか試してみましょう。これでも反応しない時は、電源ボタンとホームボタンを両方長押ししてリセットをしてみましょう。

 

» 画面を綺麗にする
画面を拭いたり、保護シートなどを使用している場合は剥がしてみて、再起動させて反応をみてみましょう。

 

不具合のバグはiPhoneをアップデートした時などによく起こりやすく、再起動することで直る場合もありますが、デジタイザ(フロントガラスと液晶の間に薄い膜のように挟まれたタッチを感知するパーツ)に問題がある場合は修理が必要になります。

 

 

 

画面が割れてしまった

iPhoneは本体の前面が全て画面(iPhone8以降は全面ガラス)、と言っても過言ではありません。画面が割れていると見栄えも悪くなり、とても使いづらくなります。割れたり傷付いたりしても使えることもあるので放置している人もよく見かけますが、あくまでもiPhoneは繊細な電子機器の為、使用を続けるうちに内部の液晶がガラス部分で傷つけられて液漏れしたり、タッチしても反応しなくなる可能性も高いです。早めに修理に持って行きましょう。
iPhoneを購入したらすぐに保護フィルムを貼って使用することをおすすめします。

 

 

 

水に落としてしまった

ふとした拍子に手が滑って水の中に落としてしまった、水にぬれてしまった、いわゆる水没。大切なデータを失いかねない大変なトラブルです。
よくあるのが、海やプールなどで写真を撮っている時手が滑って落としてしまった、ズボンの後ろポケットに入れてたのを忘れててトイレに落としてしまったというケースです。水没してしまった時、壊れていないか心配になって電源を入れたくなるのですが、水没した時は絶対に電源を入れてはいけません。これは通電によるショートで内部のデータが失われてしまう可能性を避けるためです。またバックアップを取るためにパソコンに繋ごうとするのも厳禁。かえってパソコンにも悪影響が出る可能性もあります。
まずは触らず、すぐに修理に持っていくことをおすすめします。

 

 

すぐに充電がなくなる

iPhoneを使っていると、段々バッテリーの減りが早くなってきたとお悩みの人も多いようですが、バッテリー自体消耗品であるため、バッテリーの減りが早くなるのは仕方の無いことです。
日常的にゲームや動画などを利用するとバッテリーが発熱しやすくなり、熱がiPhone本体に負担をかけて故障してしまうこともあります。インターネットや大容量アプリの長期使用を避けることも、バッテリーを長持ちさせる工夫の一つです。iPhoneの背面が膨らんできたという場合は末期症状とされ、本体ごと交換しなければならない可能性が高いです。

 

 

充電ができなくなった

イヤホンの場合と同様、最初に疑うのは充電コードの断線です。
純正でなく、価格の安いケーブルなどではこうしたトラブルが起きやすいと言われていますので、まずは純正品で充電できるか試してみましょう。どの充電コードを差しても状態が改善しないという場合は本体に問題がある可能性が高くなってきます。
その場合は以下のことをお試しください。

・iPhoneを再起動する
・iPhoneの充電コード差込口のホコリや汚れを取り除く
・パソコンで充電している場合は、パソコンも再起動してみる

これでも良くならない場合は、修理にもっていくのがいいでしょう。

 

 

音の聞こえが悪くなった、イヤホンジャックのトラブル

音が聴こえない、ブツブツ途切れて聴こえてくる。こんなトラブルを経験したことはありませんか?
この場合まずイヤホンの断線を疑うところですが、イヤホンを差し替えてもトラブルが解消しない場合は、もしかしてiPhone本体に問題があるかもしれません。他にも差していたイヤホンが折れて、イヤホンジャックが詰まってしまったというトラブルもあります。イヤホンジャックは他の機器との接触することが多い部分であり、こうしたトラブルを起こすことが多くあるようです。
これらのトラブルはイヤホンジャック自体を修理・交換する必要があります。
ネット上に自分で修理する方法が掲載されていますが、安易に自分で修理をすることでかえって状態が悪くなる可能性があるので、プロにお任せするのが一番安全です。

 

 

 

iPhoneの調子がおかしくなった場合は安易に自分で直そうとせず、修理にもっていくことをオススメします^^