①機内モードで充電する。

画面を下から上にスワイプし【コントロールセンター】を表示させる。

コントロールセンターの左の飛行機マークを

タップしOFFにする。画像はOFFになっています。

②壁コンセントで充電する。

PCからの充電や延長コードからの充電は電流が弱いので充電が遅くなります。

早めに充電したいときは壁のコンセントから直接充電しましょう。

③ケースから外す。

iPhoneの温度が高くなるとバッテリーのパフォーマンスが低下するため

温度が高くならないようにケースから出し、16~22℃の場所で充電しましょう。

④純正のケーブルで充電する。

安くで売っている充電器などは電流の流れが遅いため早めに充電したい場合は

避けましょう。

⑤電源を切って充電する。

操作しながらの充電は消費電力が電源を切っている時に比べ多くなります。

 

⑥バッテリーを交換する。

バッテリーが劣化してしまうと充電の減りが早くなり充電するスピードも

遅くなります。バッテリーの劣化はバッテリー自体が膨張したりするなどのトラブルが

起こる可能性が高くなりますので早めの交換をおススメしております。