【iOS11】標準カメラでのフィルタ操作が変更が可能【大阪大正駅前店】

こんにちは、スマレンジャー大正駅前店です。

今さっきリアルファミチ先輩を見て、テンションが上がっている今日この頃

まぁそんなことは置いといて、今回は標準のカメラでフィルタ操作ができるというのをご紹介します。

iOS11の標準カメラは、iOS10とくらべて大きな変化はあまりありませんが、フィルタ適用画面の表示方法が変わっています。

iOS10ではフィルタボタンを押すと9種類のフィルタがまとめて表示されていましたが、iOS11のフィルタ表示は、フィルタボタンを押すと下部にフィルタ切り替えが表示され、左右にスワイプして切り替える適用方法となっています。フィルタを適用した場合の写真プレビューを大画面で見られるようになったので、フィルタを使った撮影がスムーズになるでしょう。

iOS11の標準カメラアプリでフィルタを使う

 

標準カメラアプリを起動し、右上のフィルタボタンをタップします。

タップするとこうゆう画面になります。

シャッターボタン上にフィルタ切り替えが出現します。左右にスワイプして好みのフィルタに変えましょう

 

 

フィルタ適用中は、右上のフィルタボタンに緑・赤・青の色がつきます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

iOS10では9種類のフィルタをまとめて表示する形式

iOS10での標準カメラアプリのフィルタは、9種類のフィルタを1画面にまとめて表示する形式でした。ひとつひとつの写真の大きさが小さいため、フィルタを適用したイメージがわかりにくい仕組みでした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左がIOS10のフィルター

右がIOS11のフィルター

IOS11のフィルター表示の方がイメージが湧きやすいですよね

以上IOS11標準カメラのフィルターの紹介でした。

この他、iPhoneのことで何かございましたら

スマレンジャー大正駅前店までご相談ください

〒551-0002
大阪府大阪市大正区三軒東1丁目18-1
電話番号:090-9273-0802
営業時間:10:00 ~ 21:00
定休日:年中無休

よろしくお願いいたします