感圧センサーの活用方法

3D Touchの使い方

①Peek という弱いプレス(グッと押す)。

②Pop という強いプレス(ググッと押す)。

③クイックアクション。

大きく分けるとこの3つが分類される。

 

3D Touchの使い道

 

感圧センサーの使い道を個人的な使いやすさランキングで表示しております!

感圧センサーの使い道を見て興味が沸いた方は是非使ってみてね\(^o^)/

1位  文字カーソルを自由に動かせる

感圧センサー使い方1

Peekすると文字が消えるのでそのまま動かしたいところまでカーソルを運ぶ。

これで文字を消したり追加したりすることが楽になり、

間違えてカーソルを変な位置に運ぶことも少なくなります。

 

2位  のぞき見が出来る!(LINEやメールなど。)

 

感圧センサー使い方2

まず覗きたいLINEの所まで行き

LINEをPeek(グッと押し込む)。

 

感圧センサー使い方3

のぞき見が出来るのは、画面上に表示されている一部のみとなる。

3位  地図やサイトのポップアップが表示される・クイックアクション

 

感圧センサー使い方4

ポップアップを表示させたいURLや住所をPeekする。

すると、中身が表示される。その画面にそのまま移動したい場合はPopする。

 

感圧センサー使い方5

アプリをPeekするとショートカットのメニューが表示される

そこから使いたい項目を選択して使用。

これがクイックアクション

3D Touchの設定の仕方

感圧センサー使い方7

設定を開き、一般をタップする。

感圧センサー使い方8

アクセシビリティをタップする。

感圧センサー使い方10

3D TouchのON、OFFや感度についてこちらから

設定することが出来る。

iPhoneのまめちしきならiPhone修理戦隊スマレンジャーにお任せ下さい!

こちらのページでは、iPhone6Sからの機能3D Touch(感圧センサー)についての使い方や設定方法について

画像付きでわかりやすくご紹介しております。感圧センサーを使いこなしてiPhoneライフをより快適に!!