熱対策!!

 

こんにちわ!
スマレンジャー近鉄八尾店のアルバイトの上田です!

今回は、iphoneが熱くなってしまった時の対処法について、
ご紹介したいと思います!

 

・充電しながらゲームをしている
・充電しながら動画を観ている
・車内のダッシュボードに置きっぱなし
・特殊な形状のケースを使用している
などなど

iphoneが熱くなっていませんか?

熱くなる原因を作ってませんか?

 

何かをしながら何かをする!

・充電しながらゲーム
・充電しながら動画
・充電しながらダウンロード

 

同時進行させるのは効率が良い!
確かにそうなんですが・・・
その分激しく動くので熱を持つことに・・・

 

これらは「しながら」でなく「してから」なら
熱を持ちにくくなります。

 

熱い場所などで使っていませんか?

 

これからの季節、炎天下や冷房前の車内などで使います
そうすると使っていなくてもすでに本体は熱い・・・
このまま使うと更に・・・

 

可能な限り涼しい場所で使いましょう!

 

また、本体が傷つかないiphoneカバーが・・・

本来の傷や落下した際の破損防止等々で、
本体にカバーを装着していていますよね?、
これが厄介なことに本体から熱を逃がそうとしているのを邪魔しているんです。

 

熱くなってきたなと思ったらカバーを外して冷やすか、
しばらく本体を触るのを控えるのも良いかもです。

 

冷やせばいいんだろ?冷やせば!!
冷凍庫、冷蔵庫、氷なら冷えるだろ!!

 

そんなに急激に冷やすと・・・水没なんてことも・・・

 

「結露」といわれている現象ですで、
冬の窓に水滴がついてたりするのが結露です。

そうならないためにも急激な温度変化はやめましょう!!!

 

上記以外にも、

システムの不具合や暴走などで熱くなる
バッテリーの不具合によって熱くなる
などもあります。

 

この機会にバッテリーの充電方法や
マルチタスクでアプリを次から次へ開いてないか、
もう一度、確かめてみましょう!