iphoneのフラッシュ機能!!

ミニコラム

 

こんにちわ!
スマレンジャー近鉄八尾店のアルバイトの上田です!

今回はiphoneのフラッシュ機能についての情報を、
ご紹介したいと思います!

 

暗い場所でもiphoneのカメラを使いたい!
そう思われたことはないでしょうか?

 

そんな時に使うのが「フラッシュ」です!

 

コンパクトカメラやミラーレス、一眼レフなどのカメラを使われている方なら、
「フラッシュ」は使われることは多いかと思われます。

最近では、「カメラ」を持ち歩かないで、「iphoneで撮る!」
という方は増えているので、「暗い場所」で撮るなら「フラッシュ」は必須です!

 

iphoneのフラッシュは設定で、
「自動」「オン」「オフ」が出来ます。

 

設定方法としては、
カメラを立ち上げた時に右上の「イナズママーク」を押して下さい。

そうすると
「自動」「オン」「オフ」の順で選べる項目が出てきます。

 

「黄色く」なっている箇所が「今現在の設定」となります。

 

「フラッシュ」を使ってはいけない場所、では「オフ」にして、

 

「フラッシュ」を使っても良い場所で使いたい時には、「オン」にする。

 

そして、「フラッシュ」を使っても良い場所ではあるが、

使った方が良いかどうかわからない時には、
「自動」にしてiphoneにまかせる方法もあります。

 

フラッシュは「使う時のマナーも大事」も大事なので、
やたら「ピカピカ」光らせないようにしましょう!

 

また、「カメラのフラッシュ」の機能を応用して、「ライト」としても使用出来ます。

暗い夜道だったり、暗い場所、光が届かない隙間、夜中の玄関などには、
有効に使えるのではないでしょうか?

 

「ライト」を使用するには、
iphoneの画面を下から上にスワイプします。

 

 

「メニュー」画面が表示されますので、
左下にある「懐中電灯」のマークを押して下さい。
「白く反転」していれば「点灯」、「黒く反転」していれば「消灯」になります。

LEDライトを点灯させるので、長時間の使用は避けた方が良いです!

 

さらに、iphoneのフラッシュなんですが、電話の着信時に使えるってご存知でしたか?
LEDフラッシュで光らせることが出来るんです!!

 

たまにですが、ピカピカっと光っているiphone見たことないでしょうか?
こんなとこで写真なんか撮るなよって思いませんでしたか?
恐らく、着信の際に「LEDフラッシュ」を使っている強者ではないでしょうか!

 

フラッシュの設定ですが、

「設定」 → 「一般」 → 「アクセシビリティ」 → 「LEDフラッシュ通知」
をONにして下さい!

設定としては、これだけになります!

 

注意として、このフラッシュ機能ですが、スリープ中でないと反応しません!

 

使われているようで、あまり使われていないので、
この機会にぜひ使ってみて下さい!!