iPhoneの新しいiOSで重くなっちゃったときには【大阪から全国へ!修理戦隊スマレンジャー】

新しいiOSにして重くなってしまったときには?

iOSは日々、パフォーマンスの改善を目指しアップデートを重ねているのだが、iPhone利用者の中には最新のiOSを入れたがために逆に動作が重くなったり、バッテリーの持ちが悪くなったりする人も中にはいるだろう。

iPhoneも初登場から月日が経ち、種類も増えてきたため、全ての端末に新しいiOSが須らくマッチするというのも中々厳しくなってしまったのだ。

あっちを立てればこっちが立たず、ということだ。

それでは、最新のiOSを入れたがために遅くなってしまった、そんな時の応急的な処置をご紹介しよう。

 

まずは、「視覚効果を減らす」をオンにする。

「設定」から「一般」へと進み、「アクセシビリティ」の中にある「視覚効果を減らす」という欄をタップして有効化しよう。

コレは、アプリの開閉時やロック画面を解除した際に使われるアニメーションが全て無効化される、そのため、アニメーションに使用されていたCPUの処理が必要なくなり、他の動作へCPUのパワーを回せるようになるので、その分動作が軽くなるのである。

CPUの処理が軽くなるのでバッテリーの持ちも改善される。

 

「透明度を下げる」のも有効である。

「設定」から「一般」へと進み、「アクセシビリティ」をタップして表示される「コントラストを上げる」をタップすると「透明度を下げる」という項目が有るので、タップして有効化しよう。

下に透けて表示される画面の描写が必要なくなるので、その分CPUの処理が軽くなり結果動作も改善されるのだ。

CPUの処理が軽くなることは同時に消費される電力の軽減化も見られるので相乗効果でバッテリーの持ちも良くなるだろう。で、本当に必要なところへマシンパワーを回せるようになる。

 

もう一つ二つばかりバックグラウンドで働く機能がある。

「Siriの検索候補」と「Spotlight検索結果」だ。

この二つ。

 

「Appのバックグラウンド更新」も無効化しておこう。

「設定」から「一般」へと進み「Appのバックグラウンド更新」をタップし、その中から必要のないアプリを選択肢無効化してしまおう。

バックグラウンドで更新しているということは、目には見えなくてもアプリが裏で動作しCPUの処理が働いているということだ、

このバックグラウンドでの動作を無くすことず「Spotlight検索」を無効化するには、「設定」から「一般」へと進み「Spotlight検索」をタップしよう。

そして、一覧表示されたアプリから不必要なアプリはタップでオフにしてしまおう。

「Siriの検索候補」も同じページに有るので、一回オフにしてみて様子を見てみよう。