「Live Photos」の使い方【iPhone修理戦隊スマレンジャー大阪近鉄八尾店】

 | ,  |  | 0

iPhone 6s/6s Plus から追加された「Live Photos」。

 

どのような機能かというと、撮影方法は通常と同じで被写体を狙いシャッターボタンを押すだけなのだが、シャッターボタンを押し写真を撮影した瞬間、その1.5秒前と1.5秒後までの映像と音声が保存される。

 

シャッターボタンを押した瞬間から3秒間でないことに注意だ。

 

あくまでも、前後1.5秒ずつの合計3秒である。

 

では、その使い方なのだが、まずは「カメラ」を起動しよう、そして撮影モードから「写真」を選択肢、画面の上の方の欄の中央にある「◎」のような「Live Photos」のアイコンをタップすることで、通常の静止画撮影から「Live Photos」撮影へと切り替わる。

 

そのまま「シャッターボタン」を押せば、先程申したとおり、ボタンを押した前後1.5秒間、合計3秒間の映像と音声が撮影できる。

 

撮影中は「Live Photos」アイコンの下の方に、四角い黄色の背景に「LIVE」と表示されるので、表示が出ている間はiPhoneを動かさないようにしよう。

 

撮影した「Live Photos」は「写真」アプリに保存される。

 

保存された「Live Photos」を再生したい場合は、「写真」アプリを起動してアルバムから「Live Photos」を選択しよう。そして、通常の静止画や動画のように、画面をタップして選択したあとプレスすることで、動画のように再生される。

 

この「Live Photos」で撮影した画像は実は、壁紙として設定することもできる。

 

ロック画面として利用することで、プレスすると動き出す、人と少し違った個性的なロック画面を作ることができる。

 

まず、「設定」をタップし、その中の「壁紙」をタップ、そして次の画面から「壁紙を選択」をタップしよう。

 

すると、壁紙の選択画面が表示されるので、「写真」の一覧から「カメラロール」を開き、壁紙にしたい「Live Photos」を選択しよう。

 

この時、プレビュー画面をタップすることで、選択した「Live Photos」をプレスした際のアニメーションを確認できる。

 

設定したい「Live Photos」を選択した後、「ロック中の画面に設定」「ホーム画面に設定」「両方に設定」と3つの選択肢が出るが、もちろん好きな方を選んでもらって構わない、しかし、「Live Photos」で撮影した画像はホーム画面で設定しても動かすことはできない。

 

残念ながらロック画面でしか動かすことはできないのだ。

 

近鉄八尾店 店舗情報

〒581-0003
大阪府八尾市本町1-4-10

 

電話番号:072-943-3748

営業時間:11:00 ~ 20:00

定休日:無し

iPhone修理をお探しなら近鉄八尾駅から徒歩3分の場所に御座います、iPhone修理戦隊スマレンジャーにお任せ下さい。

近鉄八尾店は駅の中央南口改札を出て頂き、八尾市役所の方角にまっすぐ歩いてもらうと左手にベストリッチが御座いますので

その中にiPhone修理戦隊スマレンジャーがございます。iPhoneが壊れたなら近鉄八尾のスマレンジャーにお任せ下さい。