気に入ったサイトのページをPDFとして残す【iPhone修理戦隊スマレンジャーミニコラム】

 | , ,  |  | 0

Safariでウェブページを閲覧中に気に入ったページが有れば普通、お気に入りにブックマークするだろう。

 

ところがだ、そのブックマークが意味を成さなくなる場合がある。

 

というのも、実はウェブサイトは様々な理由で消えることが有るのだ。

 

最近、サイトの炎上が多発しているが、そういう不祥事以外でも製作者自身が削除したり、もしくはアクセスができなくなったりする。

 

そうでなくても度重なる更新で当初ブックマークしたときと内容が変わっているかもしれない。

 

 

 

状況によっても見れないことが有る。

 

当然だが、ブックマークを開くにはネットに繋がっていないといけない、オンラインでなければウェブページの取得ができないのだ。

 

更に、重いサイトだと読み込みのため時間がかかり、必要なページに素早くアクセスできない。速度制限中ならばなおさらである。

 

 

なので、いつでも見返すことがあったり、または料理のレシピなど何度も見返したりはしないが読み込みに時間がかかると気になるような場合は、iPhone本体にウェブページをPDFとして保存しておこう。

 

 

「Safari」を起動し、残しておきたいお気に入りのページを表示しよう。

 

そして、下のツールバーにある「共有ボタン」をタップする。

 

このとき、ツールバーが非表示になっている場合は、まず上のステータスバーをタップしよう。すると下の方にツールバーが表示される。

 

さて、共有ボタンをタップすると開かれる共有メニューに「PDFをiBooksに保存」という項目が見えるだろうか?

 

その「PDFをiBooksに保存」をタップすることでウェブページのPDFへの変換が始まる。

 

画面中央に「PDFを作成中」と表示されるはずだ。

 

PDFの作成が終わると、自動的に「iBooks」へと切り替わり、変換されたPDFが表示される。

 

どうだろうか、見ていたウェブページがまるまるPDFへと変換されているはずだ。

 

このPDFには「文字データ」が含まれているので、任意の単語を検索することができる。

 

方法としては、まず「iBokks」でPDFファイルを開き、右上に有る虫眼鏡のアイコンをした「検索ボタン」をタップ。

 

すると文字入力欄が表示されるので、検索したい単語を打ち込もう。

 

その単語に当てはまる文章が載っているページが有れば、下の方にリストアップされる。

 

リストアップされた検索結果をタップすれば、該当のページが表示され検、索した単語は分かりやすく青くマーキングされている。

 

 

このように本体内に保存しておけば、例えオフラインでも閲覧可能だ。

 

とは言うものの、ブックマーク代わりにいくつも保存すれば本体容量を圧迫してしまうので、本当に必要なページに限って保存しよう。