iPhoneの記憶喪失、リンゴループについて。パート2

     |  | 0

先日リンゴループについての脱出方法を記事にさせて頂いたのですが、

今回は、リンゴループからどうしても脱出できなかった場合、データを諦める代わりにiPhoneを使えるようにして、

リンゴループから脱出する方法をご紹介したいと思います。

 

ですので、まずはリンゴループからデータを消す事なく脱出する方法を

iphoneの記憶喪失、リンゴループについて。』←こちらを見てから今回の記事をご覧ください!

 

また、今回ご紹介する方法は、完全に初期化をしてしまう方法ですがこれでも絶対に初期化が出来る訳ではなく、

リンゴループから抜け出せない場合ももちろんありますので、それを踏まえたうえで頑張って進めて下さい!

 

まず、必要なモノとしてパソコンとiPhoneを繋ぐ為のライトニングケーブルが必要になります。

手順としては、

①iTunesを起動する。

②パソコンとiPhoneをつなぐ。

③ホームボタンとスリープボタン(電源を入れたり切ったりする時に押すボタン)を同時に長押しする。

④アップルのロゴ(リンゴ)が映し出されるのでホームボタンは押したまま、スリープボタンだけを放す。

⑤手順が成功すると、iPhone自体がDFUモードという状態に入りますので、これに入るとiTunesの画面に

『リカバリーモードのiPhoneを見つけました』などのメッセージが表示されるはずなので、その画面に従って操作をしていくと、初期化されていくはずです。

 

ここまでが手順となっていますので、どうしてもリンゴループからの脱出が出来ない場合のご参考にして頂けましたら幸いです。