iPhone7には新しく学習チップが搭載されている!?

     |  | 0

どうも!

スマレンジャー八尾店の木村でございます。

 

今日は先日発売されたiPhone7の機能について少しお話を致します。

 

iPhoneというと、多くの方が6や6sの機能で満足している事が多いのか、7sを待っているのか、

それとも価格が高いからなのかiPhone7へ機種変更をしたというのは私の周りではまだそんなに多く無いのですが、

実はiPhone7から変わった大きな違いの1つとしてFPGAチップと言われる学習機能のようなチップが搭載されているんです(´・ω・`)

 

どうやらこのチップはiPhone7が発表された際の機能では明かされていなかったようで、

本体を分解した別の方が見つけた事で発覚したとかしないとか。

 

ちなみにこちらのFPGAチップは、まだまだ高額なチップなようでスマートフォンに搭載されるのは初めてなんだそうです。

今のところ、こちらを使用した機能などは発表されていないそうですが、学習機能があるという事は、

SiriがそれぞれのiPhoneに対してカスタマイズされていったりするのかも知れません。

 

もしかすると、毎日決まった時間に起きて、携帯を触っている方が珍しく触らなかったりした場合に、

『寝坊していませんか?』なんてSiriが急に話しかけて来たり、毎日の通勤ルートを自動で覚えて、急に『こっちの方が早く帰れますよ』などを

教えてくれるようになるかもしれません。

 

また、ポケモンGOで知らずのうちに皆さん利用する事が多くなったARと呼ばれる簡単に言えばスマホのカメラを通して現実世界にデジタル情報を映し出す

機能がこれから普及する可能性が高いので、それに向けた前段階なのかもしれません。

 

可能性として考えられるのは、例えばお店の前に行き、携帯のカメラを向けると、

お店の入り口からフキダシが出て、現在の待ち時間などが表示されるような時代が来てしまうかも(;´Д`)

 

便利すぎて恐ろしいですが、スマレンジャーではiPhoneに関する情報を日々更新していますので、是非参考にして頂ければ幸いです('ω')