タッチ病とは!?

     |  | 0

スマレンジャースタッフKIMUさんです!

はてはて、iphoneというのは精密機械ゆえに

不具合も多く報告されているのです。

その中で特徴的な不具合が

「タッチ病」と称される不具合です!

その名の通りフロントパネルへのタッチが効かなくなるという

不具合でして、現在スマレンジャーではタッチ病に対する

修理方法はありません。

原因はiphoneの中にあるチップが原因となっており

チップはスマレンジャーでは修理することが出来ません(; ・`д・´)

なので6,6plusユーザーがタッチ病が発生した場合にはapple storeに

修理依頼を出すしか方法はありません(´・ω・`)

このタッチ病、元はiphone6の設計にあり、6,6plus発売当初は

本体が折れ曲がりやすいという事で注目を集めていました。

この折れ曲がり易さに様々な部品が載せられた基盤に

圧力が加わりタッチセンサーや画面を制御するチップが

故障・・・というのが通説です。

中には曲がったiphoneを無理やりひねったり曲げたり、という

対処方法もあったそうですが

あくまでも一時的に治るモノらしく、力業なのでオススメはできません(´・ω・`)

6sから6s Plusはチップの位置が変わり

強度も6より向上したためタッチ病への懸念は

解消されていますがそれでも精密機械に変わりはないので

日頃からの扱いは注意した方が良いのです(´・ω・`)

特に後ろポケットなどに入れると圧力がかかりやすいので

6,6Plusユーザーさんはご注意ください(´Д⊂ヽ

以上タッチ病のご紹介でした!