2018年に発売されるかもしれないiPhone: iPhone(アイフォン)修理戦隊!スマレンジャー【格安で即日対応】

 

・みなさん、こんにちは!

スマレンジャー難波千日前店です!!

 

みなさんは今どのiPhoneを使われていますか??

iPhone5? iPhone5s? iPhone6?iPhone6s? iPhone7? iPhone8?

はたまたiPhoneX?

中にはiPhone4sを使っているというツワモノもいます。。。(実際にお客様の中におられました)

iPhoneは1年に1回、9月から10月の秋ごろにかけて新モデルが発表・発売されています。

各モデルにはそれぞれに便利な機能や、他のモデルにはない特徴を兼ね備えています!

そんなiPhoneは昨年の2017年に、iPhone誕生10周年記念モデルとしてiPhone Xが発売されました。

このiPhone XにはいままでのiPhoneには必ず搭載されていた、ホームボタンが搭載されず、そのかわりに全画面がまるごとフルスクリーンになるという、今までのiPhoneにない特色を兼ね備えたモデルでした。これらが要因となり、iPhone XはこれまでのiPhoneにない人気を博しています!

リサーチ企業IHS Markitが2018年に算出した統計によると、1,271万台となったiPhone Xの出荷台数は、次点のiPhone8(852万台)よりも約49%多く、2位以下に圧倒的な差をつけて首位の座に就いていることが分かります。しかもこのデータの対象となる時期が2018年1月から3月と、発売から少し経った時にデータなのです。発売から時間が経っても人気のあるiPhone Xってすごいですね・・・!!!

 

 

さて、発売から数ヶ月でこのような人気を博したiPhone X。あの発売から9ヶ月ほど経ち、世間では新たなiPhoneの情報がウワサされています。

そこで本日は、“2018年に発売されるかもしれないiPhone”と題してご紹介いたします!!

このブログを読んで、「新しいiPhone欲しい・・・!!」と思っていただければ、とても嬉しいです(*゚∀゚*)

 

 

・iPhone新モデルは3タイプ!?

今年の秋発売予定のiPhoneはサイズの異なる3タイプのものといわれています!

それぞれのサイズの違いを見てみましょう!

 

6.5インチモデル

“iPhoneX Plus“ではないのかとウワサされています。

有機ELディスプレイを使用したモデルでロシアの情報サイトで公開された設計図を見ると、幅が77.41mm、高さが157.53mm、厚みが7.68mmになるといわれており、iPhoneXよりも一回り大きく、iPhone8Plusと同じくらいのデザインになると噂されています。

 

6.1インチモデル

“iPhone 9”にあたるモデルではないかとウワサされています。

こちらは、液晶ディスプレイ搭載モデルとされていて、こちらもロシアの情報サイトで設計図が公開されました。サイトによると、幅75.72mm、高さ150.91mm、厚み8.32mmとされています。

これはiPhoneXと比べると少し大きいサイズといえます。また、6.1インチモデルは有機ELディスプレイを使用したモデルと比べると画面周辺のベゼルが厚めになっているといわれています。

 

5.8インチモデル

iPhoneXの後継のモデルとウワサされています。

こちらは先ほどの6.5インチモデルと同様に有機ELディスプレイを使用するそうです。

こちらの設計図は公開されていませんが、現行モデルと同じだとすれば、幅70.9mm、高さ143.6mm、厚さ7.7mmと考えられます。

 

 

・iPhone新モデルの共通点

3モデルで共通するといわれている点は、「ホームボタンがないこと」、「フルディスプレイデザイン(ノッチディスプレイ)であること」、「次世代プロセッサと呼ばれる【A12】が搭載されること」と言われています。

このA12は7ナノメートルプロセスで製造され、以前よりも小型となり処理速度も速く、省電力になるといわれています。

さらに、3D顔認証機能である「Face ID」もすべてのモデルに搭載されるようです。

つまりは、iPhone8やiPhone7といったいままでのホームボタンのあるiPhoneではないという事ですね・・・!!

 

 

・iPhone新モデルは6色カラー展開!?

6.5インチモデルについては、「ブラック」「ホワイト」「ゴールド」と予測されています。

また、6.1インチモデルは複数色の展開が予測されていて、「グレー」「ホワイト」「ブルー」「レッド」「オレンジ」の5色といわれていますが、Apple製品の情報通として有名なミンチー・クオ氏は「ホワイト」、「ブラック」、「フラッシュイエロー」、「ブライトオレンジ」、「エレクトロニックブルー」、「トープ」か「ゴールド」の6色と発言しています。

また「レッド」に関しては、iPhone8のように発売後にリリースされる可能性もあるようです。

iPhone5Cを彷彿とさせるカラフルなiPhoneを持つことができるかもしれません!

 

 

・iPhone新モデルの価格・販売時期

価格についても各モデルで予想販売価格が出ています。

・6.5インチモデル 900ドル~1,000ドル(日本円で約10万円~11万円)

・6.1インチモデル 600ドル~700ドル(日本円で約6.6万円~7.8万円)

・5.8インチモデル 600ドル~700ドル(日本円で約6.6万円~7.8万円)

6.1インチモデルについては廉価版との予測がされており、色もカラフルであるため、若者向けとも考えられます。

この6.1インチモデルは売り上げの55%を占めるのではないかと予想されています。

 

いかがでしょうか!?

毎年この時期になると、iPhone新モデルの話でもちきりになります

一体、どんなiPhoneが登場するのか、とても楽しみですね!!d(^_^o)