熱中症対策はiPhoneも必要!?: iPhone(アイフォン)修理戦隊!スマレンジャー【格安で即日対応】

 | , ,  |  | 0

皆さんこんにちは!!

スマレンジャー難波千日前店です(*´ω`*)

 

本日も日本での最高気温がどんどん更新されておりますね。

熱中症対策は勿論ですが、iPhoneなどのスマホも気温での暑さ対策をしないとバッテリーや基盤の故障の原因に繋がることがあるのをご存知でしょうか!?

いつも身近にあって気軽に利用できるiPhone  ですが

何気なく使用しているとつい、衝撃や熱に弱い精密機器である事をつい忘れてしまいがちです。

実は知らず知らずのうちに故障の原因となってしまうダメージを与えるような使い方をしてしまっている場合も…

この記事では、今では気温がどんどん上昇する季節に当たって、熱に弱いiPhoneについてお伝えさせて頂きます(o^^o)

 

Appleのサポートページには、iPhoneをはじめとするiOS製品の環境温度に関する案内がされていることはご存知でしたでしょうか?

公式appleサポートによりますと

「iOS機器は、摂氏0~36度の範囲で使用する事を推奨しており、Appleからの正式な注意喚起として、極端な気温下での使用を避ける事」を求められております。

例えば、寒い場所で言いますと冬場の寒冷地やスキー場等での使用は、外気温が0度以下になるケースも多くなりますので、外気温に晒したまま放置しないよう注意が必要となります。

そして現在おかれております猛暑の時期ですと、海水浴やアウトドア、コンクリートで日照りに晒されている場所(直射日光の当たる場所)に長時間置かない等の配慮が必要です。

特にiPhoneが高温になるシチュエーションとして注意したいのが、下記の2点となります。

 

① 夏場のクルマのダッシュボード上で放置

既に異常に高温になる事で有名な炎天下の車内ですが、実際には摂氏70度を超える事もあるのはご存知でしたでしょうか?

apple公式で注意を呼びかけている温度の約2倍もの温度のなるのですからiPhoneにダメージが無いとは流石に考えられにくいですよね。

また、夏場の車内は、エアコンを作動させたとしても、ダッシュボード上は温度が高く、60度を超えています。

夏場は、車内のどこであってもiPhoneを置いておくべきではないという事がお分かりいただけましたでしょうか?

 

②直射日光が当たる場所での充電や負荷のかかる長時間使用

直射日光が当たるだけでもiPhoneにとっては過酷な状況である事はも当然ですが避けなければなりません!その上さらに、iPhone自身が発熱する状況を作らないようにする事が重要です。

スマホは、充電するだけでも発熱しますし、グラフィックを多用するアプリやコンテンツなどはCPUや基盤に大きな負荷がかかってしまい、発熱が起こりますので、そうした環境で長時間使い続けない事が重要です。

 

iPhoneを熱さから守るにはどうすればいいか

直射日光や炎天下の中、車中に放置しない等の外気温の暑さからiPhoneを守るのはもちろんのこと、iPhone自身が発する熱さからも守る必要があります。

 

実はAppleの公式WEBに掲載されている、想定以上に発熱したiPhone  には保護機能が備わっているのはご存知でしたでしょうか!

iPhone高温注意

この機能は、ユーザーサイドから見れば予定外の症状であり、正常でない動作ですが、iPhoneが自ら発熱を抑制し熱から自身を守るための保護動作であると言えます。

ですが、さらに内部温度が上昇してしまうと、iPhoneはついに動作を停止し温度を強制的に下げる動作が行われます。

上記の画像表示が出た場合には、iPhoneの動作の一切を停止し、できるだけ涼しい場所で電源を切りクールダウンする事が必要です。

 

iPhoneを冷やす作業としましてやってはいけない事をお伝えします!

まず早く冷やしたい一心で、氷や保冷剤を使って低温まで冷やしてしまう事は絶対にやってはいけません。

冷たい飲み物が入ったグラスの表面を想像してください。あの状況がiPhoneの内部で起きると考えると恐ろしいと思いませんか?回路がショートする可能性もありますし、端末そのものが水没状態になってしまう恐れもございます。

対策として心がけるのは「冷却」ではなく、「常温に戻す」ことなのです。

 

最もお勧めのiPhoneのクールダウン方法は扇風機ファンによる送風です。

必要以上に冷えすぎない点と、送風による効率的なクールダウンが可能です。

USBから電源が取れる卓上ファンが最もシンプルで、コストも比較的安価に購入できますが、スマホ冷却専用のアイテムもこれまでにも数多くのバリエーションが発売されており、お洒落なデザインのものや、充電機能付きのものなど用途やご予算に合わせて選ぶ事ができます。

昔のスマホに比べ高機能になり、ついつい忘れがちですが、iPhoneは非常に精密な工業製品ですので、慎重に取り扱う事が重要かと思います。想定以上の低温・高温に晒さないよう十分にご注意ください。

 

もし急に熱くなってiPhoneが動かなくなったりした際は

バーツ交換やバッテリー交換でも動くことがございますので是非一度ご相談くださいませ。

 

iPhone修理難波千日前店はこちら