iOS 12: iPhone(アイフォン)修理戦隊!スマレンジャー【格安で即日対応】

みなさん、こんにちは!スマレンジャー難波千日前店です!!

 

先日の6月5日にAppleがWWDC 2018 (Worldwide Developers Conference : 世界開発者会議)を開催し、その中で例年どおり新しいiOSとなるiOS 12を正式に発表しました!!

残念なことに新しいハードウェアの発表はありませんでしたが・・・( ;∀;)

 

新機能、既存機能の向上がたくさんありますので、今日はそれについてご紹介いたします!!

 

 

・ARKit 2

この機能ではARゲームにおいて非常に役立つ機能かと思われます!また、ゲームする人だけでなく、ゲームをしない観戦するだけの人もiOS端末をかざすだけで共有できます!一度に4人まで共有できます!

 

 

・写真検索

「写真」アプリでは写真に写ってる顔などの情報をもとに判断し、検索候補が表示されるようになりました!

また、自分用のオススメタブ「For You」には最近のイベント、編集すべき写真と動画、共有すべき相手(写真に写ってる友達など)などがまとまっています。自分が写っている写真を送ってもらいたいときって、友達にはなかなか催促しづらかったりしますけど、友だちとライブラリをシェアすると、お互いに顔認識で送信するようおすすめが自動的に表示されるので、その手間が省けます!!

 

 

・Siriに「おすすめ」と「ショートカット」

Siriに「おすすめ」と「ショートカット」の2つの新機能が出来てとても便利になりました!!

おすすめ機能ではiPhoneに溜まった個人のデータをもとに日課を割り出し、現在地に応じてSiriがプッシュ通知ですすめてくれます。Walletアプリに映画のチケットがあれば、上映時間帯には「バイブにしたほうがいいよ」とおすすめし、連絡先に誕生日の人がいれば、「今日はおばあちゃんの誕生日。電話しよう」とすすめる、という感じみたいです。。(笑)

もうひとつのショートカットのほうは、よく使うアプリの起動コマンドを保存できる機能です(Siri Shortcuts)。たとえば鍵をなくしたときTileアプリをいつも使っているのなら、「鍵をなくした」と言いつけるだけでTileアプリが開くように設定することができます。大体の人は便利な機能がいくらあっても、音声コマンドが思い出せなくて使いこなせていないだけなので、カスタム設定できるのはすごい助かると思います。

 

 

・デジタルデトックス

Google(android)にあったものがAppleにも!!携帯中毒撲滅のデジタルウェルネス・サービスを実装しました。スマホ画面に括り付けの時間を確認する機能は今もありますが、夜は着信音をシャットアウトし、画面すべて黒背景+白文字になって暗くなる「ベッドタイムモード」も新登場です。

通知はアプリやトピック別にカスタマイズ可能になったほか、滅多に開かないアプリの通知はオフか非表示にするようすすめてくれたりもします!

利用時間は週1回集計レポートが届きます。そこでアプリ利用時間、携帯をいじっていた時間、利用時間を減らしたほうがいいアプリなど把握して、「App Limits」でアプリ利用時間に制限を加えることができます。

制限といっても強制ではないのでそんなキツイものではないみたいです。iOS端末は全部シンクされるので、iPhoneでFacebookをぼーっと2時間閲覧してiPadでFacebookを開いたらそれが全部チャラになる、ということもなく合計でカウントダウンされます。お子さまの利用状況も届き、そこで時間を管理することができますよ!(制限は時間の長さ、時間帯、アプリ別に設定可能)。

 

 

・Memoji

アニ文字のトピックでは、自分そっくりなアバター「Memoji」を自分で作ることができるようになり、舌の認識機能も実現しました。これまでのAnimojiではいくら舌を出しても反応はしませんでしたが、今回からは舌も反応するのでバラエティー豊富で、種類も増えるのでさらに楽しくなりそうです!!