iPhoneがリンゴループに!?対処法 iPhone(アイフォン)修理戦隊!スマレンジャー【格安で即日対応】

こんにちは、スマレンジャー難波千日前店です!!

本日は、リンゴループに陥って画面が立ち上がらない!そんなときの対処法を紹介していきたいとおもいます!!

 

 

 

☆ 勝手に再起動、リンゴループはiPhoneあるある、、、。

 

iPhoneがうまく立ち上がらない症状のひとつに、何度やってもアップルマークが表示画面からホーム画面に切り替わらない現象があります。

リングのマークが繰り返し表示されることから「リンゴループ現象」と言われています。この現象が起こってしまうのは、アップデート中に何らかの不具合が起きているからです。再起動をしてもアップルマークの画面で止まってしまい、また再起動しても結局アップルマークの画面から進まないというケースも見られます。つまり、何をしてもアップルマークから先に進まない、抜け出せない状態は、iPhoneでは起こりやすい現象のひとつと言っても過言ではないのです。

 

 

そこで必要なのがこまめにするバックアップ!!!

 

リンゴループ現象や立ち上がらない場合はいくつかの対処方法を試してみましょう。

しかし、その前に忘れてはいけないのがバックアップです。不具合が起こり始めてからでも間に合うことは多いですが、作業中に間に合わなくなってしまうことも考えられるので、できるだけ普段からこまめにiPhoneのバックアップするクセをつけておきましょう。

データのバックアップは通常クラウドかiTunesを利用します。iTunesが入っているパソコンを起動し、iPhoneとつなげて同期させてください。

 

▽ icloudでのバックアップ方法

ここまでチェックが済んだら実際にバックアップを取ってみましょう。
手順は以下の通りです。
① iphoneトップ画面にあるアプリケーションの【設定】をタップ。
② 一番上の自分の名前が表示されている箇所をタップ。
③ iCloudをタップ。
④ ICLOUDを使用しているAPPの一番下【iCloudをバックアップ】をタップ。
⑤ こちらがONになっていると、iphoneが電源に接続されWi-Fiネットワークに接続、画面がスリープ状態になっている際に自動的にバックアップされます。
⑥ 自分のタイミングで好きな時にバックアップを取りたい方は、その下の【今すぐバックアップを作成】をタップ。
以上の作業で簡単にバックアップが取れ、iCloudにデータが保存されます。

 

 

▽ iTunesでのバックアップ方法

iphoneのバックアップを取るもう一つの方法はiTunesを使う方法です。iCloudでバックアップを取る方法より少し手順は増えますが覚えれば簡単で便利な方法ですので是非参考にしてみて下さい。
iphoneのバックアップを取る前にまずは事前準備をしましょう。
① iTunesをパソコン内にインストール
② Windowsのバージョンが最新の状態になっているかを確認
③ iTuneをインストール済の方は最新の状態にアップデートされているかを確認
②、③については、バックアップを取る前と取った後でバージョンが違うと正常にバックアップデータを同期することが出来なくなりますので、常に最新の状態を保ちましょう。

 

対処法;電源ボタンとホームボタンの長押し

iPhoneがリンゴループ現象に陥ってしまったときの対処方法のひとつに「リンゴ復活法」があります。パソコンがなくてもできる方法なので、まずはこれを試してみてください。

やり方は簡単です。iPhoneのホームボタンとスリープボタンを同時に押しましょう。その状態で10秒以上長押ししてください。これで強制終了され、ループ状態から解放されるかもしれません。

対処法:iTunesをアップデート

ホームボタンとスリープボタンの同時長押しで解決できない場合は、パソコンを使って解決してみましょう。

iPhoneとパソコンをつなぐ前にiTunesをアップデートしてください。iTunesはMacのパソコンに始めから入っていることが多く、長くMacを使い続けている人の中にはこまめにアップでデートしていない人も見られます。最新版の状態かどうか確認し、そうでない場合はアップデートすることでiPhoneの問題が解決することもあります。

 

対処法:リカバリーモードで起動

iPhoneの電源を切ったらパソコンを起動してiTunesを立ち上げましょう。次に、USBケーブルでiPhoneをパソコンにつなぎます。そして、iPhoneをリカバリーモードにしてください。

iPhone6以前の場合、やり方はスリープボタンとホームボタンを同時長押しするというやり方です。この場合は10 秒以上押します。iPhone7と7plusはスリープボタンと音量を下げるボタンを同時長押しです。iPhone8と8plus、Xに関しては音量を上げるボタン、次に音量を下げるボタンの順番でそれぞれ個別に押してすぐに放す操作を行なってください。

 

 

何を試してもダメだったのなら、、、

これらの方法を試してみればiPhoneがうまく起動されると思います。しかし、どれを試しても立ち上がらない、解決できないという場合は修理ができるところに持ち込むことをおすすめします。

また、パソコンを持っていても同期の仕方がわからない、パソコンの操作に自信がないという場合も無理に自分で解決することを考えない方がいいでしょう。いくらやっても状況が変わらないなら、できるだけ早めに修理してもらうことが一番の解決です。

 

 

iPhone修理難波千日前店はこちら