バッテリーが減額されない?!バッテリー交換に3万円以上かかった事例

こんばんは!スマレンジャー難波千日前店です!

 

Appleは現在、iOS11にアップデートを行うと性能が著しく低下する可能性があり、iPhoneの劣化したバッテリー交換料金を減額する措置を行っています。
しかし、バッテリー交換をAppleに依頼したユーザーが、「本体の傷や内部に問題がある」とされて3万円以上の修理料金を請求されるケースがある、と英BBCが報じられました。

バッテリー交換を減額する対応を行っているApple

2017年末に、バッテリーが劣化した状態のiPhoneが突然シャットダウンするのを防ぐ目的で、iPhoneの動作速度が抑制されていたことが発覚しました。
Appleは、ユーザーに正しく情報を開示しなかったことをお詫びし、「お客様の懸念に対応し、お客様によるご愛用に感謝すると同時に、Appleの意図に疑問を抱いたすべての方の信頼を取り戻すため」として、iPhone6以降のモデルを対象にバッテリー交換料金を減額する対応を発表しました。
しかし、Appleは減額したバッテリー交換料金の10倍に当たる修理料金を要求している、と英BBCの消費者問題番組「BBC Watchdog」が指摘しています。

 

バッテリー交換の前に、小さな凹みの修理に3万円必要

ジョシュ・ランズバーグ氏は、バッテリーを交換してもらうためにiPhoneをAppleに送りました。すると、2日後にAppleからメールが届きました。
「iPhoneの端に小さな凹みがある。バッテリーを交換する前に修理が必要だ。修理には200ポンド(約3万円)かかる」と回答されました。

その後、怒ったランズバーグ氏は、AppleにiPhoneを返送してもらい、近所の修理ショップに持ち込んでバッテリーを交換してもらったようです。

日本で起こった事例ではありませんが、現在Apple減額措置を行っているにも関わらずその対応が受けられるわけではないということを説明するには
十分な出来事となってしまいました。

もちろん全てのiPhoneでこういった対応になるわけではありませんが、写真で見る限りでは
普段使用している上で起こり得るいわゆる「生活傷」にあたいするもので、重大な損傷である可能性は低いと考えられます。

iPhone6以降のモデルからは以前と比べると性能の上昇が緩やかになってきていますので、長く使われる方も増え
相対的にバッテリー交換の機会も増えてまいりました。
以前よりバッテリーの持ちがよくない、突然シャットダウンしてしまう等の症状に見舞われたときは
バッテリーの劣化である可能性が高いです!
そんなときは是非スマレンジャー難波千日前店にご相談ください!

 

 

iPhone修理戦隊 スマレンジャー難波千日前店

〒542-0076

大阪府大阪市中央区難波1-2-3

電話番号:‭090-8526ー1098‬

営業時間:12:00~23:00

年中無休