バックアップのやり方について★: iPhone(アイフォン)修理戦隊!スマレンジャー【格安で即日対応】

こんにちは、スマレンジャー難波千日前店です♪( ´▽`)

本日はバックアップのやり方についてご紹介いたします★

 

iPhone、アップデートのやり方★

 

写真や動画、ウェブサイトのお気に入りや、ゲームアプリのセーブデータなど、iPhoneにはたくさんのデータや個人情報が入っています。しかし故障や紛失、データを間違って消してしまったなど、不測の事態が起きてしまった場合、データも一緒に失われてしまい、最悪の場合個人情報漏洩に繋がってしまうケースもあります。

でもバックアップを取っていれば安心、簡単にデータを復元できるのです。そして機種変更する際にもバックアップを取っておけば、新しいiPhoneへのデータ移行が簡単にできます。

iPhoneのバックアップ方法には主に、パソコンで「iTunes」というソフトを利用して行う方法と、Appleのサービス「iCloud」を使ってiPhoneだけでできる、2つの手段があります。万が一に備えて、定期的にiPhoneのバックアップをとっておくこおをおすすめします。

 

★ iTunesとiCloudのバックアップの違い
iPhoneやiPad、iPod touchの中のデータをコピー・保存するには、「iCloud」または「iTunes」を利用しますが、それぞれバックアップの内容と方法が変わってきます。

★iCloud
バックアップ場所 ▷ クラウド上
データ容量 ▷ 5GB~1TB
暗号化 ▷ 常に暗号化
バックアップ手段 ▷ WiFiを使ってバックアップを作成、使用

★iTunes
バックアップ場所 ▷ Mac、またはWindowsのパソコン
データ容量 ▷ パソコンの空き容量による。
暗号化 ▷ 暗号化することも可能
バックアップ手段 ▷ パソコンでバックアップを作成、使用

特徴として、「iCloud」はWi-Fiが使える環境であればどこでもバックアップでき、「iTunes」はMacまたはWindowsパソコンが利用できる環境であればバックアップできます。

 

★ iCloud
iCloudでのバックアップは、端末に保存されているほぼすべてのデータと設定情報がバックアップできます。ただし、例えばパソコンで取り込んだCDの音楽ファイルなどはバックアップ対象外のため、パソコンで直接管理する必要があります。

音楽、映画、テレビ番組、アプリケーション、ブックの購入履歴
iOS デバイスの写真とビデオ
デバイス設定
Appデータ ※1
ホーム画面とAppの配置
iMessage、テキスト(SMS)、MMSメッセージ
着信音
Visual Voicemailのパスワード
動作状態データ
ホームキット構成
iTunes in the Cloud および App Store のコンテンツ ※2

※1…バックアップできるAppデータは、iCloudに対応しているものに限ります。設定>iCloud>書類とデータで表示されていないアプリのデータは保存されないので注意してください。
※2…既に購入済みのコンテンツに関しては、iTunes Store、App Store、iBook Storeで取り扱い継続中であれば、タップして再ダウンロードできます。

★ iTunes
iTunesバックアップでは、端末のほぼすべてのデータと設定情報がバックアップ可能です。

カメラロールの写真と動画
連絡先
カレンダー、Safari、マップ、メモ、メールアカウント、通話履歴、メッセージ、ボイスメモなどのAppデータ
ネットワーク設定
iTunes StoreやApp Storeから入手したもの、iBooksに直接ダウンロードしたPDF ※3
アクティビティ、ヘルスケア、キーチェーンのデータ ※4
App Storeで購入したAppデータ
Appの設定、環境設定、書類などのデータ
App内で購入したもの
ホーム画面とAppの配置   など

※3…iTunesで「購入した項目を転送」を使うとバックアップ可能です。
※4…iTunesでバックアップを暗号化すればバックアップ可能です。

 

そのほか、例えばiPadのバックアップでiPhoneを復元するなど、別の種類のデバイスのバックアップから復元する場合は、「写真」「メッセージ、メッセージに添付したファイル」「ボイスメモ」「設定しようとしているデバイスと互換性のないアプリ」は転送されないです。

 

iCloudのバックアップでは常に、iTunesのバックアップでは選択すれば可能になる「バックアップの暗号化」ですが、バックアップの暗号化は通常のバックアップとは違い、「保存したパスワード」「Wi-Fi設定」「ウェブサイトの履歴」「ヘルスケアデータ」もバックアップできます。そのほか、メッセージアプリ「LINE」のトーク履歴なども引き継げるようになります。

ただし、バックアップに少し時間がかかることと、バックアップデータから復元する際に専用のパスワードが必要となります。この専用のパスワードは、暗号化の解除にも利用します。

このパスワードを忘れてしまうと、バックアップを復元できなくなってしまうほか、iPhoneのデータを消去して新しいデバイスとして設定するしか、バックアップの暗号化を解除する方法がないため、注意が必要です。

もし暗号化されたバックアップをとったあと、バックアップのパスワードを忘れてしまった際、iPhoneのデータの消去をしたくない場合は、回避策としてiCloudバックアップでバックアップを作成・復元しましょう。

 

iPhone修理難波千日前店はこちら