iPhoneは64Gか256Gどっちがいいの⁈: iPhone(アイフォン)修理戦隊!スマレンジャー【格安で即日対応】

気になっていたiPhone 8やiPhone Xに機種変更を検討中の人も多いことでしょう。

しかし、iPhoneの購入時にカラーももちろん、一番迷うのはストレージ容量の違いではないでしょうか?自分にベストな容量を選択しないと、好きな写真や音楽を満足に保存できなかったり、動作の重さに悩まされたりすることになりますよ!今回は、iPhone最新モデルのストレージ容量の選び方を紹介していきますね。

 

★ iPhoneのストレージ容量の違いとは。

iPhone最新モデルのストレージ容量のラインナップは、最新モデルであるiPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone Xでは、64Gと256Gという2つのモデルがあります。

しかし、256Gは大容量のため、iPhoneの使い方次第で料金以上の価値を感じられることでしょう。

 

そもそもiPhoneの容量選びはどうして重要なのだとおもいますか?

理由のひとつとして、iPhoneではAndroidのようにSDカードを外部ストレージとして使えないからです。写真や音楽、動画といったファイルをオフライン(通信状態じゃなくても保存した音楽や動画が再生できること)で手元に置きたければ、iPhoneに内蔵されたストレージに保存するしか方法はないのです。

選択したストレージ容量によって今後の使い方も左右されるため、しっかりと先を見据えた容量選びが大切となってくるのです。

容量の上限に達してしまうと、撮り溜めた写真やお気に入りのアプリを渋々削除しなくちゃいけなくなったり、クラウドネットワーク上にファイルを移動したりなど空き容量不足に頭を悩ませることもでてくることでしょう。それを避けるためにも、あらかじめ自分の不自由しない容量を選ぶことが大切と言えるでしょう。

 

 

 

●写真や動画をたくさん撮影する人
●大量の音楽や映画をiPhoneにストックし、外出先での余暇を楽しみたい人
●さまざまなアプリを使い分けるビジネスマンやスマホヘビーユーザー

 

このような人は、大容量モデルがオススメです。

とはいえ、大量の写真”と言われても、自分の保存数が多いかは判断しかねる。「写真を1,000枚保存しているけど、これって多いの?」と首を傾げてしまう人もおおいことでしょう!

写真の保存形式といえば、馴染み深いのは「JPEG」や「PNG」!しかし、iPhone 8とiPhone Xでは、高画質で軽量な「HEIF(ヒーフ)」という新形式を採用されているのはご存知でしょうか?

HEIFの写真は、たとえ同じ画質でもサイズはJPEGの約1/2に圧縮される。iPhoneの標準的な解像度である4,032×3,024の写真なら1枚につき1〜1.5MB程になります。仮に1枚の写真を平均1.25MB、iPhoneの全容量を費やすとした場合、64Gだと51,200枚、256Gだと20万4,800枚の写真を撮りためすることが出来る計算となります。

 

アプリだと、1MB未満のミニマルなものから1GB以上の大容量のものまでありとてもピンキリです。ここで、ストレージを占有しがちな2つのアプリを例に挙げて見ましょう。

もっともデータ容量を要求されるのはゲームアプリです!特にシステムを凝らしたビッグタイトルほど大容量になる傾向で、たとえば「ポケモンGO」は約300MB、「シャドウバース」に至っては約1GBも。通勤電車などでゲームをするのが日課の人は、64Gモデルだと少々心許ですね。

ですが、実はここで注意してほしいのは、時にゲーム以上のサイズになる「LINE」や「Instagram」といったSNS、「Gmail」などのメールアプリ。過去のやりとりが「書類とデータ」として保存されるため、使うほどにじわじわと容量を増やしていくのです。

ちなみに編集部スタッフでLINEの使用データ量を調べてみたところ、どちらも2年ほどの使用で、ほとんどLINEを使わないスタッフは約600MB、ヘビーユーザーは約3Gとかなりの差があった。ただし、LINEの場合はキャッシュをクリアすることで、過去ログの読み込みは遅くなるが、ストレージを軽くすることができるので、一度試してみるといいでしょう。

操作方法は、LINEの[設定]>[トーク]>[データの削除]>[キャッシュデータ][写真データ]など任意のデータを選択>[選択したデータを削除]の手順です。

 

音楽と映画はどうでしょうか。まずは音楽、再生時間を1曲あたり4分とした場合、データ容量は約8〜12MB。平均10MBとして、仮にiPhoneの全容量を費やした場合、64Gだと6,400曲、256Gだと2万5,600曲の音楽を保存できる計算になります。

そして映画、1,080pのHD画質で2時間ほどの再生時間だとデータ容量は約4〜6GB。平均5GBとした場合、仮にスマホの全容量を費やすと64Gだと12タイトル、256Gだと51タイトルを保存できることになりなす。

 

 

★64Gで大丈夫な人

・あまりアプリを入れない人

・こまめにPCにバックアップを取っている

・音楽などをあまりダウンロードしない

 

だと、64Gで問題ないでしょう。