iPhoneを無くした時にすること: iPhone(アイフォン)修理戦隊!スマレンジャー【格安で即日対応】

iPhoneが紛失

紛失した時に頼れるアプリの紹介

 

 

 

iPhoneには、紛失した端末の追跡や現在地を確認するための「iPhoneを探す」機能が備わっています。iPhoneをどこかに置き忘れた時に音を鳴らして見つけ出したり、盗難されたiPhoneから個人情報が抜き取られるのを防いだりできるアプリです。iPhoneの紛失・盗難は結構聞くある話であり、万が一に備えておいて損はありません。

 

iPhoneを探すとは?

iPhoneに標準で組み込まれているセキュリティ機能の一つです。「iPhoneを探す」機能を有効にしておくことで、iPhoneを探すアプリやiCloudのウェブサイトを通じて、同じApple IDでサインインしている端末の位置を地図上で確認することができます。

紛失/盗難の発生したiPhoneを取り戻し、またデータが漏洩するを防ぐため、「iPhoneを探す」には以下の3つの機能が備わっています。

• 近くにあるデバイスを音で見つけることができる「サウンドを再生」
• パスコードでロックをかけてデバイスを追跡する「紛失モード」
• データを初期化する「iPhoneを消去」

うっかりiPhoneをなくしてしまった時に、頼れる唯一の機能といっても過言ではありません。
「iPhoneを探す」では、ファミリー共有に参加しているメンバーの端末や、OS X Yosemiteを搭載したMacも追跡、操作できます。あらかじめ位置情報を共有するための設定が必要ですが、家族の代わりに紛失したデバイスを探したり、どこかに置き忘れたMacBookをiPhoneから追跡したりといった使い方ができます。

 

「iPhoneを探す」を利用して位置の確認や遠隔操作をおこなうには、iOS端末の「設定」アプリからiCloudを開き、iPhoneを探すをタップして設定をオンにしておく必要があります。

iOS 8では、最後の位置情報を送信というオプションも用意されています。バッテリー残量が少なくなると、位置情報をAppleに自動で送信する機能です。紛失している間にバッテリーがなくなっても見つかる可能性が高くなるので、こちらもオンにしておくと便利でしょう。

 

アプリの主要3機能の紹介

アプリをダウンロードし、アプリを起動したら、Apple IDでサインインすると、現在地を確認するための地図が表示されます。

端末が複数ある時は、画面左上にある<をタップしてデバイスリストを表示できます。
地図上には、オンラインの端末のみ表示され、アイコンにグレーのマークが付いている端末は、オフラインのため現在地を確認できません。

地図上のアイコンをタップするたび、画面下のメニューが切り替わります。離れた場所にある端末を探しに行く時は、自動車のアイコンをタップすると、マップが起動して経路を検索できます。
そのほかの操作をしたい時は、端末のアイコンをタップするか、アクションをタップしてメニューを表示します。

 

 

サウンドを再生

端末が近くにある時はサウンドを再生をタップすると「ピピピピーン」というサウンドが鳴ります。
サイレントモードにしていてもサウンドが鳴るので、置き場所がわからなくなったiPhoneもすぐに見つかるはずです。しかし、音量がかなり大きいため、深夜などに鳴らす時は注意してくださいね。

 

紛失モード

紛失モードをタップすると、パスコードでiPhoneを遠隔ロックすることができます。
紛失モードをオンにするをタップしてください。

ロック画面には、自分の電話番号やメッセージを表示して、iPhoneを拾得した相手に連絡をくれるよう促すことができます。
電話番号はオプションなので、入力しなくても大丈夫です。

 

なお、iPhoneにパスコードをかけていない時は、最初にパスコードを設定することができます。

 

紛失モードにするとiPhoneがロックされ、他のユーザーが操作することができなくなります。
ですが、画面には連絡先やメッセージを表示できます。

 

iPhoneを消去

iPhoneを消去のタップは最後の手段と思って使ってください。デバイス上の情報をすべて消去します。データを消去したiPhoneには連絡先やメッセージを表示できますが、「iPhoneを消去」すると端末の追跡ができなくなります。
善意の第三者に拾われれば端末が戻ってくる可能性もありますが、そうでない時はデバイスを取り戻すことがほぼ不可能になると思うので、代わりに、保存されている個人情報が漏洩するのを防げることができます。

その後は「紛失モード」の時と同様に、連絡先やメッセージを設定します。これらはデータを消去した後、ロック画面に表示されます。
なお、データを消去してもアクティベーションロックがかかっているため、消去に使ったApple IDとパスワードを入力しなければアクティベートできません。不正にiPhoneを手に入れた他人に利用される可能性は低いでしょう。