iPhoneXの顔認証出来ない時に試して欲しい方法: iPhone(アイフォン)修理戦隊!スマレンジャー【格安で即日対応】

iPhoneXの顔認証できない時に試して欲しい方法

 

「iphone Xフリー画像」の画像検索結果

 

AppleはiPhone十周年をきっかけに、「iPhone X(テン)」を発表した。iPhone XはiPhoneシリーズでは初となる有機ELディスプレイを採用して、縁なしの前面フルディスプレイとデザインされているほか、ワイヤレス充電機能、ポートレードモードの新機能「ポートレートライティング」、自分の表情の動きをトレースして相手に伝える「アニモジ」などの新機能も搭載されている。同時に発表されるiPhone 8/8 Plusと比べ、ディスプレイ以外に大きな変化といえば、これまで指紋で認証していた「Touch ID」が、顔の造形で認証する「Face ID」へと変わったことです。

iPhone X顔認証(Face ID )とは、iPhone Xの上部に搭載された「TrueDepthカメラ」を利用してiPhoneのロック解除・Apple Payの支払い確認などを「顔認証」で行うこと。顔認証のFace IDは、指紋認証のTouch IDよりもさらに便利になりました。すばやく、簡単に、直感的に、ロック解除と支払いができるとアップルは主張している。iPhone X顔認証危険と疑っている人もいるが、今までの顔認証のイメージとは異なり、かなり精度の高い認証システムになっているから、iPhone X顔認証は指紋認証よりずっと安全性が高い。しかし、iPhone Xを利用中、「iPhone X顔認証できない」「Face ID反応しない」「iPhone X顔認証でロック解除できない」などの不具合もよく起きているみたいです。では、iPhone X Face ID認証失敗したときどうすればいいか?次はその原因と対策をまとめて紹介いたします。

 

 

» iPhoneXが顔認証できない理由

・ 「Face ID」が設定が間違っている

指紋認証を登録する際、登録時と認証時指紋の位置・角度が違うと、iPhone指紋認証が認証しづらくなることが、同じに、iPhone Xで顔を登録するとき、角度が違うと、Face ID反応しない可能性がでてきます。

アドバイス:「Face ID」の設定は間違っているとき、今使っている「Face ID」を削除して、新しい「Face ID」を登録することがおすすめ。
Face IDの設定方法:iPhone Xで、「一般」→「Face IDとパスコード」→「編集」をタップして、要らないFace IDデータを削除する。そして、「設定」>「Face IDとパスコード」→「Face IDを使用」の「iTunesStoreとAppStore」をオンにすることで、アプリを購入時に「Face ID(顔認証)」の画面になる。「顔」をタップして、カメラに向かって顔を写し、顔の特徴を認識させるため、顔をゆっくり動かすようにすると、新しいFace IDを設定できる。

 

 

・ iPhoneX本体が故障している

上記の方法を試した後、依然としてFace ID反応しないなら、お使いのiPhone X Face IDセンサーにハードウェアハードウェア故障が出るかもしれなです。アップルのサポートに連絡するか、お近くのApple Storeへ行って修理することがおすすめします。

iPhone の修理:iPhone が製品保証期間内、AppleCare+ に加入している場合は、多くのApple正規サービスプロバイダやApple Store直営店にて、過失や事故による損傷以外の修理は無料になり、修理期間中の代替機貸し出しサービスを利用できます。

 

・ 顔の一部が隠れている・周りにひとがいる

「写真やマスクを使ったなりすましには、だまされないように設計しました。あなたの顔のマップはSecure Enclaveによって暗号化されて守られ、認証はクラウド上ではなく、デバイス上で瞬時に行われます。」とアップルはそう主張しています。しかし、iPhone初めての顔認識技術だから、顔の一部がマスク、サングラスなどをかけたりして隠されていると、iPhone Xの顔認識機能が邪魔される可能性があります。また、周りに他人がいるとき、iPhone X Face ID認証失敗するケースもあります。

アドバイス:マスクやサングラスなどをつけたままでも問題なく認証できるはずが、万が一失敗してしまったら、顔を隠させたものを取り除いてください。また、周りに他人がいる時、カメラに自分の顔だけを写すことを確認してください。

 

 

・ 認証環境が暗すぎるとき

赤外線を照射する投光イルミネーターにより暗闇でも利用できるといわれています。アップルによると、この精度はTouch ID以上。しかし、この前、Appleが9月12日に行った新作発表会では、ちょっとしたハプニングが起こりました。Face ID(顔認証)でiPhone Xのロック解除を行うデモンストレーションで、肝心のFace IDが実演を行うクレイグ・フェデリギ副社長の顔を認識できなかったのです。これもFace IDが正常に動作している証拠だったから、認証環境があまりに暗いとき認識されないかもしれません。

ご注意:iPhone X顔認証できないとき、周りの環境があまりに暗いなら、ほかの場所で試してみて、あるいは部屋を明るくした後また認識してみてください。改善されるとおもいます。

 

・ 大がかりな整形をしたとき

 

近年では比較的簡単に顔を整形することができるようになった。一重だけど二重したい、鼻を少し高くしたい、エラが気になってるから削りたい、などなど整形をする人が増えてきています。整形後も顔認証できるのかということに多くの人が感心しているが、これについては正式な発表はされていません。私の推測によると、骨格なども読み取って認証しているのなら、プチ整形程度なら問題なく顔を認証できるはずです。ただし大掛かりな整形をしたときは、iPhone X顔認証でロック解除できません。

アドバイス:骨自体を削ったり、何かを入れたりするような大掛かりな整形をしたい前に、iPhone X顔認証機能を起動しないで、整形した後再びiPhone X顔認証機能を起動して、今の顔を登録すれば大丈夫です。