iPhone水濡れ時に間違った対処方…難波エリアで復旧できる?

iPhone水濡れ時に間違った対処方…難波エリアで復旧できる?

 

iPhoneを液体の中に落としたり、液体をかけたりして内部に水分が侵入した状態を「水濡れ」「水没」などと呼びます。これもメーカー保証の範囲外なので、修理は有料となります。iPhoneには水濡れすると反応する「液体侵入インジケーター」が内蔵されているため、この反応があった場合は修理の際に水分を確認できなくても、水濡れとして扱われます。

アップルおよびアップル正規サービスプロバイダーでは、水濡れは必ず本体交換修理となり、AppleCare+ for iPhoneを購入していない場合は、修理費用が高額となります。。

難波エリアのiPhone修理店でも、水濡れでの故障に対応する場合があるが、復旧できるか否かは、どれだけ素早くバッテリーを外して基板を洗浄するかにかかっています。よって、水濡れした場合にユーザーができることは、迅速に水濡れに対応してくれる修理店に持ち込むこと以外はありません。

 iPhoneが水濡れしたときにやってはいけないこと

・電源を入れない。

・電源が入っている場合は切らない。

・ホームボタンなどのスイッチ類を押さない。

これらは、電源をオンにするかオフにするかによらず、スイッチやボタンを押したときにわずかに電流が流れるので、その際に基板がショートする可能性があるためです。

・ドライヤーなど風を吹き付けて乾燥させようとしない。
・本体を振って水を出そうとしない。

風を送ったり本体を振ったりすることで、侵入した液体が移動し余計にダメージを深めるおそれがあります。またiPhone 5以降の機種は本体がトレイ状になっているため、侵入した水は抜けにくく被害がひどくなる場合が多いです。

・自然乾燥で安心しない。

水分を乾燥させても溶けていた不純物(ミネラル分も含む)が基板上に残ります。その後起動できたとしても、あとからダメージが出てくる可能性は否定できません。水濡れの程度にもよりますが、乾燥剤を入れた密閉容器に入れておくといった対応よりも、水濡れ修理に対応できる業者に、なるべく早く持ち込んで修理を依頼するのが最善です。

万一水没した場合には難波のiPhone修理専門店へ

難波エリアでiPhone修理を行うなら、スマレンジャーにご相談ください。仕事の休憩時間や買い物のついでなど、いつでも気軽にiPhone修理が可能です。
画面のひび割れやタッチの誤作動、バッテリー交換など基本的なiPhone修理も当日に修理することができます。
大切なデータがたくさん入っているiPhoneを守るためにも操作を行わずできるだけ早く水没修理を行うことが大事です。万が一水没した時やiPhoneが故障した場合は、大阪、難波にあるiPhone修理店・スマレンジャーで改善してみてはいかがでしょうか?

 

iPhone修理難波千日前店はこちら