iPhoneの発熱は間違った対処で故障…近鉄八尾エリアで修理できる?

iPhoneの発熱は間違った対処で故障…近鉄八尾エリアで修理できる?

iPhoneは大阪エリアでも人気ですが、最新機種でありながら本体が発熱してしまうという方も多いのではないでしょうか?
発熱が続くと本体が故障する恐れがあるため、iPhone修理が必要です。
ここでは、本体が発熱してしまう理由や対処方法について解説していきます。
また、大阪八尾エリアでiPhone修理を依頼できるかどうかも併せてご紹介していきましょう。

 

■iPhoneの本体が発熱する原因

大阪エリアでもiPhoneの発熱に悩む方は多いですが、iPhone修理の前に原因を知ることで対処できることがあります。

・本体背面にポケットカードをつける

カードポケットは使用が多いカードを収納でき、利便性が良いので大阪エリアでも人気です。
しかし、本体を覆ってしまうので熱が逃げだしにくくなり、こもって発熱することがあります。
この場合はiPhone修理ではなく、カードポケットを外すことで改善可能です。

・アプリは常に開きっぱなし

使用頻度の多いアプリは起動したままだと便利ですが、CPUが動いたままなので発熱しやすくなります。
終了させることでおさまることが多いので、大阪でiPhone修理を出す前にアプリを定期的に終了させる習慣をつけましょう。

・充電したまま放置する

大阪でも就寝中に本体を充電されている方も多いでしょうが、過充電により発熱することがあります。
最新機種は高速充電に対応しており、就寝中の充電は過充電になりやすいので注意しましょう。
また、過充電はバッテリーの減りを早めるので、iPhone修理店で交換する必要がでてきます。

・大量のアプリを取り込み過ぎる
iPhone7は容量が12GBなので、大阪でもたくさんアプリ入れて楽しむ方が多いはずです。
しかし、アプリの入れ過ぎで容量がいっぱいになると動作不良を起こし、それが発熱につながることも少なくありません。
使用していないアプリはできるだけ削除し、容量に余裕を持つとiPhone修理なしで改善可能です。

・入浴中にiPhoneを使用する

大阪エリアでも入浴一緒に本体で音楽や動画を楽しまれる方は少なくありません。
熱気がこもる浴室は発熱しやすく、それ以外の負担もかけやすいので持ち込みは控えましょう。
古い機種は防水されていないため、水没した場合はiPhone修理が必要です。

 

■iPhoneを発熱から守るには

発熱の要因は様々ありますが、使用していない時の発熱はバックグラウンドで動作するアプリに原因があると考えられます。
例えば、大阪の街めぐりにGPSを使った地図アプリは便利ですが、解除しないと起動したままの状態なので、本体を発熱させてしまう可能性があります。
大阪でiPhone修理をする前に、利用設定を一度見直して最低限必要なアプリにだけ絞ってみた方がいいかもしれません。

使用しない時は、スリープ状態にしておく習慣をつけておくのも得策です。
手帳型のiPhoneケースは、装着したままにしがちですが本体の背面を覆っている時点で発熱要因になってしまうということを忘れないでください。
女性の場合は、バッグに入れて持ち歩くことが多いかもしれませんが男性はポケットにそのまま持ち歩く人が非常に多いので風通しの良いポケットや熱がこもりにくいポケットに入れるなど配慮した方が好ましいです。
パンツの両サイドにあるポケットは生地と密着しやすく、歩いたりする時に生じる摩擦によって熱が起きやすくなります。
また、自動車や電車を頻繁に利用する場合は、電波環境が不安定になりやすく電波を拾うために動作し続けるため発熱しやすくなります。
長時間の移動ではポケットに入れておかないようにしておきましょう。
原因ごとに対処しても改善しない場合は、iPhone修理で改善してください。

 

■iPhone発熱時の間違った対処法

大阪エリアでも多いのが、冷蔵庫や保冷剤を使い本体を急激に冷やす方法です。
また、扇風機やエアコンの冷気、防水機能だからと水に浸ける場合もありますが、これは本体の故障につながります。
急激に冷やすと本体内部に水滴が発生し、正常に作動しなくなるのです。
そうなるとiPhone修理で直す必要があります。
もしも本体が発熱したら、すぐにケースを外して熱がおさまるのを待ち、そのあとバッテリーをチェックしましょう。

 

■大阪八尾エリアでiPhone修理は可能?

もう少し細かく発熱原因を解説すると、本体に内蔵されたリチウムイオン・バッテリーが発熱することで、本体も熱くなってしまいます。
バッテリーは熱に弱い性質を持ち、バッテリーの発熱でモバイルバッテリーが発火した事件は大阪でも注目されました。
大半の機種は40~45度くらいの保管温度が上限ですが、オーバーするとバッテリーの劣化もしくは故障につながってしまうケースもあるでしょう。
しかし、本体の基盤部分は通常100度の熱でも耐えられるようにできているので発熱=故障というわけではありませんが、バッテリーなど熱に弱いパーツもあるということを認識として捉えておく必要があります。

発熱はバッテリーの劣化が考えられるので、大阪のiPhone修理店でバッテリーの交換がおすすめです。
大阪・八尾エリアでiPhone修理やバッテリーを交換するなら、スマレンジャーをご利用ください。
スマレンジャーは八尾エリアを始め大阪エリアに多数の店舗を構え、アクセス抜群な立地にあるiPhone修理店です
バッテリー以外にもガラスや液晶交換、水没点検、データ復旧などのiPhone修理に対応しています。
発熱の影響で故障する前にiPhone修理をした方が良いので、お困りの方は大阪のスマレンジャーにご相談ください。