アラーム機能が使えない?!困った時は大阪のiPhone修理店

アラーム機能が使えない?!困った時は大阪のiPhone修理店

iPhoneは便利なアプリがたくさんあり、私生活からビジネスまで大活躍の端末であり、大阪でもiPhoneを愛用される方がたくさんいらっしゃいます。
長く愛用されると故障も多いですが、iPhone修理をすれば長く使い続けることが可能です。
大阪エリアでも使われやすい便利機能といえば、アラーム機能ではないでしょうか?
朝の目覚ましや予定時間のアラートとして、大阪でも活用する機会は多いはずです。
そんなアラートが鳴らなくなると困るので、故障であればiPhone修理で改善しなければなりません。
今回はアラートが鳴らない理由と対処方法と共に、大阪でiPhone修理をするならどこがおすすめなのかご紹介します。

 

■マナーモードでアラームが鳴らない?

電車やバスでの移動や会議・授業中に電話・メールの着信が鳴ると迷惑なので、常にマナーモードに設定して音を出さないようにしている人は大阪エリアでも多いでしょう。
マナーモードに設定すれば着信音やキーボードを操作する音、ロック・解除時の音を止めることができます。
しかし、マナーモードでも止められない音がカメラのシャッター音とアラーム音です。
マナーモードに設定してもアラーム機能は正常に作動するため、マナーモードが鳴らない原因ではありません。
ならない原因にマナーモードは関係ないので、マナーモードの設定有無でも音が鳴らない場合は大阪でiPhone修理が必要になるかもしれません。

 

■おやすみモードでアラームが鳴らない?

大阪でiPhoneをお使いの方は、就寝時におやすみモードを使うこともあるでしょう。
おやすみモードはスリープ状態の時、着信や通知があっても音がなったり、バイブレーションが動いたりすることがなく、画面点灯も起きないモードです。
何かに集中した時や就寝の際に活用されますが、これがアラームの鳴らない原因と思う人もいらっしゃるでしょう。
おやすみモードでは着信・通知に関する音は流れませんが、アラート音は流れるので、こちらも鳴らない原因ではありません。
なので、おやすみモードでも鳴らない場合は、大阪エリアでiPhone修理が必要になる可能性があるでしょう。

 

■アラームが鳴らない時の対処法

マナーモードとおやすみモードがアラートの鳴らない原因ではないのなら、他に原因があると考えられます。
故障が原因であれば、大阪エリアのiPhone修理店でiPhone修理を行わなければなりません。
大阪のiPhone修理店を出さなくても良い場合もあるため、どんな対処があるのか確認していきましょう。

・アラームの設定を確認

大阪のiPhone修理店に見てもらう前に、アラームの設定を確認してください。
アラーム機能は鳴らしたい時刻と曜日、アラームを止めた9分後に再度鳴らすスヌーズを細かく設定できます。
鳴らしたい時間に設定されているのか、曜日の設定が間違っていないか確認しましょう。
設定時間や曜日をコロコロ変えて使っていると、時間や曜日設定を間違いがあり、正しい時間に鳴らないミスも珍しくありません。
iPhoneのアラーム機能はたくさんの設定をセットできるので、使用頻度が多いセットは変更を避け、新たにセットするようにすると設定ミスがないので安心です。

・音量ボタンを確認

iPhoneには2つの音量調節があることはご存じですか?
スピーカーマークの音量調節はアプリやミュージックなどに関わる音量です。
ベルマークの音量調節は着信音やメール通知音、アラームの音量となるので、ベルマークの音量が0に鳴っていると、アラームが鳴りません。
設定からサウンドに移動し、着信と通知音の項目が0になっていないか確認し、音量が低い場合は聞こえる範囲に上げましょう。
0以上でもならない場合はスピーカーに問題があるので、大阪でiPhone修理を考えてみてください。

・アラームサウンドの設定を確認

iPhone修理へ出す前に、アラーム音のメロディ設定もチェックしてみてください。
アラーム音は任意のメロディに設定することができます。
このサウンド設定がなしの状態になっていると、アラームが鳴らないので注意が必要です。
アラームサウンドの設定はアラームを起動し、左上にある編集ボタンから編集したいセットを選び、サウンドをタップしてください。
なしとチェックが入っている場合、他のメロディをタップすることでサウンド設定の完了です。

・ソフトウェアが原因の場合も

iOSの不具合でアラートが鳴らないこともあります。
新バージョンのアップデートによりアラーム機能が正常に動作しないこともあるようです。
その場合は、OSの修正が入らないと改善されません。
修正が入るまで不便だと感じる人は他のアラームアプリをインストールし、使ってみると良いでしょう。
また、アップデートではなく、OSの不具合によりアラームが鳴らないこともあります。
この場合度再起動することで不具合がリセットされ、アラームが正常に戻ることもあるので、設定ミス以外で鳴らない場合は一度再起動してください。
何度再起動しても改善されない場合は、大阪周辺でiPhone修理が必要でしょう。

・起動しているタスクを終了する

大阪エリアにお住まいの方の中には、アプリを日常的に使う方もいらっしゃるかと思います。
使用頻度の多いアプリは起動したままだと便利ですが、正常に動作しない不具合が生じることがあります。
たくさんアプリを起動している場合は、ホームボタンを押してアプリを全て終了させましょう。
バックグラウンドで動くアプリが終了すると、正常にアラーム機能が動く可能性があります。
タスクを終了し、再起動を行っても改善されない場合は故障が考えられるので、iPhone修理が必要です。

 

■スピーカーの故障が鳴らない原因・・・大阪でiPhone修理!

普段からマナーモードが多い人は気付きにくいかもしれませんが、アラームが鳴らない原因はiPhoneのスピーカーが故障している可能性も考えられるため、大阪でiPhone修理をしましょう。
iPhoneにはイヤースピーカーとラウドスピーカーの2種類があります。
イヤースピーカーはフロントパネル上部にあるスピーカーで、通話時に相手の声を聞くためのスピーカーです。
一方、ラウドスピーカーは本体下部にある小さな穴状のスピーカーで、イヤホンを刺していない場合は、ここからアラームや音楽、操作音が流れるため、故障するとアラームが鳴らなくなります。
スピーカーの故障は大阪エリアのiPhone修理業者で直すことが可能です。

大阪でスピーカーが鳴らないとお困りの方は、スマレンジャーでiPhone修理をしてみませんか?
難波など大阪エリアに多数店舗があり、低価格でiPhone修理を行っています。
スピーカーの交換なら短時間で交換可能なので、正規店でのiPhone修理よりも早く済ませることが可能です。
パーツの交換なので中のデータが消える心配もなく、年間最大10万円まで自己負担がないモバイル保険の加入もできます。
スピーカー以外に液晶画面の交換や水没修理、データ普及などのiPhone修理も対応しているので、大阪でiPhoneの故障のお悩みの方は大阪エリア中心にiPhone修理を行っているスマレンジャーにご相談ください。

 

 

 

iPhone修理難波千日前店はこちら