iPhoneの「音声入力」を使えばもっとラクに文字を入力できる| iPhone修理|データそのまま最短15分!スマレンジャー|大阪から全国へ!

 | ,  |  | 0

こんにちは、スマレンジャー大正駅前店です

今回は、音声入力でラクに文字を入力する方法をご紹介します。

iPhoneで文字を入力するとき、みなさんはどうしていますか?

きっと多くの人は「フリック入力」と答えると思います。iPhoneのキーボードから文字を入力するには、最速の方法ですよね。

でも、キーボードを使わずに、もっと速く文字を入力する方法があります。iPhoneの標準機能である「音声入力」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「音声入力なんて人前で使うのは恥ずかしいし…」と思うかもしれませんが、それはごもっとも。要は、周りの人に聞こえないシチュエーションでのみ、音声入力を使えばいいのです。

自宅ならまったく気になりませんし、大勢の人がいる駅のホームなどでも、iPhoneのマイクに口を近づけて小声で話せばOK。純正のイヤフォンや、通話ができるBluetoothイヤフォンのマイクでも大丈夫です。

使ってみると驚くほど快適な音声入力。ここでは音声入力で文字を入力する方法と、音声入力のFAQを紹介します!

音声入力で文字を入力する方法

音声入力を開始する

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここでは[メモ]アプリを例に解説します。キーボードを表示し、言語切り替えの隣にある音声入力(マイクのアイコン)をタップします。

マイクに話して文字を入力する

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

音声入力が開始され、話した言葉がすぐに文字になっていきます。「グーグル」「アイフォーン」は自動的に英字になりました。読点(、)は「てん」と話せば入力できます。

音声入力を終了する

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに続けて話していきます。句点(。)は「まる」、「?」は「はてな」で入力できます。ここでいったん音声入力を終了します。

キーボードを表示する

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ルート検索」に青い点線が表示されています。ここは「ルートを検索」が正しいので、キーボードに戻って修正しましょう。

誤変換を修正する

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「を」をキーボードで入力しました。その下にある「皆さん」は「みなさん」にしたいので、再変換します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さん」を選択すると、候補に「みなさん」が表示されました。このように、音声入力とキーボード(フリック入力)を組み合わせると、正確な文章を速く、効率的に入力できます!

以上が、ラクに文字を入力する方法でした

この他にiphoneに関することでしたらお気軽にスマレンジャー大正駅前店までご相談ください

〒541-0054

大阪府大阪市大正区三軒東

1丁目18-1

電話番号:080-5364-8495

営業時間:10:00~21:00

定休日:無し