「iPhoneを探す」って、本当になくしたらどうやって探すの?| iPhone修理|データそのまま最短15分!スマレンジャー|大阪から全国へ!

こんにちは、スマレンジャー大正駅前店です

今回は、iPhoneを探すの使い方をご紹介します。

なくしたiPhoneは「別のモノ」で探す

iPhoneを使っていると、設定画面などで「iPhoneを探す」という機能を見かけることがありますよね。

Apple IDでサインインすれば標準でオンになりますし、その名前からして便利そうです。多くの人が、有効になった状態でiPhoneを使っていると思います。

でも、本当にiPhoneをなくしてしまったら、どうやって探せばいいのでしょうか? そのiPhoneは当然、手元にないわけですから、何か別のモノを使って探すわけですが……その「別のモノ」とは?

実はちゃんと知らない「iPhoneを探す」、その正しい使い方を理解しましょう。

「iPhoneを探す」の設定を確認する

まずはiPhoneで、「iPhoneを探す」が有効になっているか確認します。「iPhoneを探す」はiCloudの機能の1つです。

Apple IDの画面を表示する

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

iPhoneの[設定]アプリを起動し、自分のApple IDをタップします。

iCloudの画面を表示する

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[iCloud]をタップします。

「iPhoneを探す」の設定を確認する

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[iPhoneを探す]に[オン]と表示されています。もし[オフ]の場合は項目名をタップし、スイッチをオンにしておきましょう。

パソコンでiCloudにアクセスする

そして、iPhoneを探すための「別のモノ」として、以下のいずれかを用意します。

  • パソコン(WindowsまたはMac)
  • 別のiPhone、またはiPad

ここでは例として、パソコンを使ってiPhoneを探してみます。

パソコンでiCloudにサインインする

 

 

 

 

 

 

 

 

パソコンのWebブラウザーでiCloudにアクセスします。iPhoneと同じApple ID(メールアドレスとパスワード)でサインインしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

2ファクタ認証をオンにしていると確認コードを要求されますが、iPhoneが手元にない場合、確認コードを受信できません。[デバイスを探す必要がありますか?]の下にある[iPhoneを探す]をクリックします。

iPhoneの現在地を確認する

 

 

 

 

 

 

 

 

しばらくすると、iPhoneの現在地が表示されました! 「iPhoneを探す」とは、iPhoneの現在地を、そのiPhone以外の端末で表示するための機能なんですね。

iPhoneで音を鳴らす

 

 

 

 

 

 

 

 

iPhoneの現在地をクリックすると、右上にメニューが表示されます。近くにあることがわかっているときは[サウンドを再生]が便利。iPhoneがサイレントモードであっても、最大音量で音が鳴ります。

[紛失モード]では、遠隔操作でiPhoneをロックできます。[iPhoneの消去]はiPhoneを完全にリセットする(現在地も表示できなくなる)ので、どうしても流出を防ぎたい情報があるときなどの最後の手段です。

パソコンがないときは、家族や友達のiPhone/iPadを借りて探すことになります。iOS 10では[iPhoneを探す]というアプリが標準でイントールされており、[便利ツール]フォルダー内に入っています。これを起動して自分のApple IDでサインインすればOKです。

本当にiPhoneをなくしたら、かなり慌てるはずですよね。転ばぬ先の杖として、「iPhoneを探す」の使い方を事前に試しておくといいでしょう。

郵便番号

〒551-0002

住所

大阪府大阪市大正区三軒家東1丁目18-1

電話番号

080ー5364ー8495

営業時間

10:00 ~ 21:00

定休日

年中無休