ワイヤレス充電: iPhone(アイフォン)修理戦隊!スマレンジャー【格安で即日対応】

 | , , ,  |  | 0

こんにちは!スマレンジャー難波千日前店です!!

 

 

今日は2月23日!2月の最後の金曜日ということで、今日はプレミアムフライデーですね!!(^_-)-☆

いつもより少し早くお仕事を終えて、仕事場の皆さんと飲みに行かれる方、まだまだお仕事が終わらなくて忙しい方・・・( ;∀;) たくさんいらっしゃると思います。( ;∀;)

せっかくお仕事が早く終わった方は少し難波をぶらぶらするのもいかがですか?もし、iPhoneの画面が割れていらっしゃいましたらお気軽にスマレンジャー難波千日前店までお越しください!(^^)!

残業で遅くまでお仕事している方も、当店は夜10時まで修理を受け付けていますので、お気軽にご来店ください(^^♪

 

 

さて、本日はワイヤレス充電についてご紹介いたします!

この機能は昨年発売されたiPhone 8, iPhone 8 Plus、そして最近街中で使う人をよく見かけるようになったiPhone Xに搭載されている機能です!iPhoneですと現在のところこの3機種だけですが、androidのスマートフォンですと対応している機種はiPhoneに比べて多めです!

ワイヤレス充電とは、その名前の通りiPhoneとUSBケーブルをつなげて充電する従来の方法をせずに、特定の充電パッドの上に置くだけで充電できるという優れた機能です!!

 

ワイヤレス充電の仕組み

ワイヤレス充電のカギは電磁場、つまりエネルギーをある場所(充電パッド)から別の場所(iPhoneなどのスマートフォン)へ、電磁誘導の魔法で伝送する方法にあります。

ざっくりご説明すると、充電パッドにはエネルギーをワイヤレスで送ることができるコイル、そしてスマートフォン側にはその受け取ったエネルギーを変換することができるコイルがあります。

このふたつのコイルが変圧器の役割を果たすことでワイヤレスでの充電が可能となります。iPhone 8が発売前にiPhone 8の内部構造の情報が流出した際に、その中にコイルが見つかり、すぐさま「ワイヤレス充電来る!」ってなったのは、このようなことが原因とされています。(>_<)

あと、スマートフォンと充電パッドのそれぞれの対応出力は要チェックです!ワイヤレス充電のスピードは、スマートフォンと充電パッドの出力の遅い(数字が小さい)方に引っ張られてしまい、一般的に有線での充電よりも時間がかかります。ですが、このようなスペックはつねに改善されつつあり、技術はより効率よくなっていってます。さらに、必要な部品の価格も下がっていってます!

 

 

ワイヤレス充電の種類

ワイヤレス充電は最近出来た機能のように思えますが、実はもう何年も前から存在していて、電動歯ブラシなどで使われていました。そしてもちろん、テクノロジーである以上いくつかの規格があり、それぞれの間には互換性がありません。

ワイヤレス充電でメジャーなものが、今回採用されることになったiPhoneを含めて多くのスマートフォンが採用しているのが「Qi(「チー」)」です。QiはWireless Power Consortiumが開発したもので、そこにはAppleやGoogle、サムスンなどガジェットの名高い超有名企業ほぼすべてを含む247社が参加しています。

もうひとつ大きいのはAirFuelで、これはAlliance for Wireless PowerとPower Matters Allianceのパートナーシップでできたものです。Qiも同じなのですが、この規格では電磁誘導方式と磁界共振方式両方をサポートしていて、ただその実装の仕方がそれぞれちょっと違います。なのでこれらふたつの規格はお互いに互換性がない、つまりQi対応のスマートフォンをAirFuel対応の充電パッドでは充電できないということです。

AirFuelはQiほどは普及していませんが、メジャーな端末の中でもいくつか対応してるスマートフォンもあります。例をあげるとGalaxy S 8は、AirFuelとQiの両方に対応しています。それからアメリカのスターバックスコーヒーではテーブルにワイヤレス充電パッドを内蔵している店舗もありますが、それは当初AirFuel対応で、最近になってようやくQiにも対応するようになっています。

とにかく!!スマートフォンが対応してるのと同じ規格の充電アクセサリを買えば、間違いはありません!(^^♪ もしスターバックスのテーブルの充電パッドにiPhone 8を置いたのに「あれ? 充電できない・・・( ^ω^)」っていうような経験をされたことがある方がいたら、その理由はこういうことだったんです。

 

ちなみになのですが、ワイヤレス充電に対応しているiPhoneは、そのiPhoneにケースなど何もつけていない裸の状態のままだと充電はできますが、ごくまれにケースをつけていると上手く充電できない場合があります。また、ケースによってはケースに熱がこもってiPhoneとケースが熱くなってしまうという場合もあります。ケースによって違うので一概に「このケースでワイヤレス充電は使えない!」とは言えませんが、ワイヤレス充電を頻繁に使用される方はワイヤレス充電に適しているiPhoneケースをご購入してください!(^^)!

 

 

iPhone修理難波千日前店はこちら