iPhoneのストレージ容量をお悩みの方へ!: iPhone(アイフォン)修理戦隊!スマレンジャー【格安で即日対応】

 

 

こんばんは!スマレンジャー難波千日前店です!

強かった風が徐々におさまりをみせてきて、気温はあまり変化がありませんが体感温度は以前よりも比較的暖かく感じますね!

それでもまだまだ寒い時期が続くことが予想されますのでお出かけの際は暖かい恰好でお出かけしてくださいね(*‘ω‘ *)

以前ご来店いただいたお客様に「iPhoneのストレージ容量が少なくなってきて、困っています。なんとか空き容量を増やす方法はありませんか?」とご相談を受けました。

ご相談に来ていただいたお客様は普段お使いのアプリケーションの容量が大きく、特にゲームをされている方だったのでゲームアプリケーションの容量が肥大化しておりました。

ゲームアプリ自体の容量は大体1GB未満でを長い期間遊ばれている方ですと、ゲームアプリのデータ(新しいキャラクターや新しいイベントのバナーなど)が蓄積していきダウンロード直後の容量と大きく異なる場合がほとんどです。ほかにも漫画アプリなどはアプリ本体の容量は非常に小さいですが、漫画をダウンロードして読むということは”ダウンロードした漫画は画像データ”でありたくさん漫画を読めばその分だけデータが肥大化しそのままにしておくと莫大な容量となってiPhone本体のストレージ容量を圧迫してしまうことにつながります。この状態で使い続けているとすぐにiPhoneからのシステムメッセージとして「iPhoneの空き容量が残りわずかです。」と警告されてしまいます。外出中、写真や動画の撮影中に突然そんなメッセージが出てしまうと困ってしまいますね( ;∀;)

なので今回はもし警告がきてしまった場合でも慌てずに済むように解消方法をご紹介させていただきたいと思います!

 

【そもそもストレージ容量とはなんなのか】

 

ご存知の方も多いと思いますが、ストレージ容量とは「データの保存領域」のことを指しています。画像や動画なども通常こちらに保存され、iPhoneを操作することで閲覧や編集、削除などの操作が行えます。それだけに限らずウェブサイトにアクセスした際にキャッシュと呼ばれる一時的に保存される領域に閲覧履歴や以前にみた画像などのデータを保存しておき、再度アクセスした際に読み込み時間を大幅に短縮することができます。こらのキャッシュは容量が設定されており、古いものから自動的に消されていきます。

この仕組みが一時ファイルと呼ばれている点です。通常のデータと違い操作しなければ恒常的に残るか残らないかが最大の違いです。

 

【容量を開けるために行うこと】

 

・容量を多く使用しているアプリケーションの確認

まずはお使いのiPhoneで、ストレージの空き領域と合わせて、アプリケーションが占有している容量を確認してください。

 

「設定」>「一般」>「iPhoneストレージ」からストレージ空き領域とアプリケーションが占有している容量の確認が行えます。

ここからアプリケーションには最終使用時間も確認できます。あまり使っていないアプリがあったらここで削除してしまいます。多くのアプリではアカウント登録などを行うなどで、削除しても再度ダウンロードしたとき以前購入したものやデータが復旧されますので、アカウント登録可能なものは極力行ってから削除して、必要になったときにダウンロード

しなすようにするとよいでしょう。(アカウントの登録した際に行ったIDやパスワードを失ってしまうと復旧が難しくなりますので大切に保管してください。)

 

・画像や動画ファイルの削除

画像や動画ファイルは多くのストレージ容量を必要とします。とくに最近のiPhoneは高画質で撮影できますが、高画質ということはそれだけ多くの容量が必要になります。

頻繁に閲覧しない画像や動画をパソコンやiCloudなどに保存しておきiPhoneからは削除することでiPhoneの容量を解放できます。

 

・LINEのキャッシュや不要データを消す

iPhoneで配信されているiOS版のLINEアプリでは、不要なキャッシュや写真・ボイスメッセージ・ファイルのデータをそれぞれ一括で削除できるようになっています。トーク履歴は残しながら不要なデータを種類ごとに個別に削除できるので、容量の節約を行う際に重宝します。

多くの場合は上で紹介した方法で改善されると思います。

それでも容量が足りないほどの多くの領域を占有するアプリを日常的に使用されている場合は、iPhoneの最大容量が明らかに不足していますので改善は非常に難しくなってしまいます。

すべてのアプリケーションを削除したとしても、iOS自体が7~8GB占有してます。

仮にすべてのアプリを削除した場合でも使用領域が0GBになることはありません。

このことから16GBのモデルをお使いの方は残りの保存領域が半分も残っていない場合が多いと思います。使い方次第ですが、写真やアプリケーションを日常的に使用されてる方は常に容量不足になると思いますので容量の大きいモデルに買い替えるのをおすすめいたします。

 

 

 

iPhone修理難波千日前店はこちら