【iOS11】使用していないアプリを自動的に削除する新しい設定| iPhone修理|データそのまま最短15分!スマレンジャー|大阪から全国へ!

こんにちは、スマレンジャー大正駅前店です

今回は、使用していないアプリを自動的に削除する新しい設定についてご紹介していきます。

iOS10までは、使用していないアプリが端末内にあっても、自動的に削除などはされませんでした。

データの整理のためにアプリを削除するには、ユーザーが手動で消すアプリを探し、削除する必要がありました。

iOS11からは、使用頻度の低いアプリを削除する設定「非使用のAppを取り除く」が追加されました。

これにより、長期間使用していないアプリは、自動でホーム画面から削除されます。

気になるのはそのアプリに関するセーブデータなどですが、すべての書類とデータは保持されたまま削除される仕組みです。そのため、そのアプリがApp Storeで公開されているのであれば、いつでも再インストールすることでデータを元に戻すことが可能です。

使用頻度の低いアプリを自動削除する設定の手順

設定アプリから、iTunes StoreとApp Storeの設定を開く

 

 

ホーム画面から「設定」を起動し、「iTunes StoreとApp Store」をタップします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「非使用のAppを取り除く」設定を有効にする

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

iTunes StoreとApp Storeに関する設定項目が表示されます
自動ダウンロードの項目では、ミュージックやアプリを入手した際、同じApple IDを使ってサインインしている別のデバイスにも自動的にダウンロードする機能です。オン(緑)にすると有効になります。

 

 

 

下にスクロールすると、最下部に「非使用のAppを取り除く」の項目があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この項目をオン(緑)にすると、使用頻度の低いアプリを自動的に削除するようになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上が使用していないアプリを自動で削除する方法でした。

この他にiphoneに関することでしたらスマレンジャー大正駅前店までお気軽にご相談ください

〒551-0002
大阪府大阪市大正区三軒東1丁目18-1
電話番号:080-5364-8495
営業時間:10:00 ~ 21:00
定休日:年中無休