iPhoneのバッテリー: iPhone(アイフォン)修理戦隊!スマレンジャー【格安で即日対応】

こんばんは!スマレンジャー難波千日前店です!

 

 

今週は思ったより暖かくてよかったですね!!!

寒いのが本当に苦手な僕からしてみれば本当にありがたい!!笑

冬も少しずつですが、春に向かって行っていますね〜。

 

 

さて、本日は近頃話題になっているiPhoneのバッテリーについてです!

先日、Appleが意図的にAppleの製品の寿命を縮めていた・・・なんていう報道があったのをご存知でしょうか?

テレビやインターネットなどでも騒がれ、世間はAppleの対応に注目し、Appleは対象の機種を格安でバッテリー交換するという結論に至った今回の騒動。

 

バッテリーの寿命を意図的に・・・って、ん?バッテリーってそんなに重要なの?と思われた方もいらっしゃると思いますがiPhoneに限らずスマートフォンにとってバッテリーはとても重要なパーツなのです!

そこで今回はiPhoneのバッテリーについてご紹介しようと思います!

 

 

まずは

iPhoneのバッテリーの働きについて

iPhoneに限らず、スマートフォンにはたくさんの機能やデータが搭載されております。

たくさん搭載されていてもそれを動かすためにはエネルギーが必要・・・。そんな時に使われているのがバッテリーなのです。いわばバッテリーはスマートフォンの機能を円滑にスムーズに機能させるために必要不可欠なエネルギーなのです。

iPhoneには、端末の左側に一つ大きなバッテリーが搭載されています。

こちらをご覧ください!

こちらはiPhone 6sの内部の画像です。

ご覧の通り、本体中央部から左側にかけて大きな黒いバッテリーがあります。

もう一枚の写真をご覧ください。

こちらは、昨年発売されたばかりの新機種・iPhone 8の内部です。

iPhone 6sの内部とたいして変わったところはありませんが、バッテリーの大きさが変わったという点が変わりました。iPhoneのバッテリーが大きくなるということは、それだけのバッテリーの大きさを必要とする=新機能が追加され、バッテリーを大きくしなければならなくなった。ということです。

新しい機種が発売されるたびに、新しい機能が追加され、それに伴ってその機能に対応できるように新しい機種はバッテリーを大きくさせたりします。ですが、長年使っている機種ですと、機種自体が新しい機能に対応していない、容量が足りない、長年使っているのでバッテリーの消耗が激しい・・・などといった理由でうまく新しい機能に対応出来ないことがよくあります。

というわけで、スマートフォンにとってバッテリーはとても大事なものなのです!

 

 

次に

バッテリーを交換するタイミングについて

iPhoneを長年使っていると、「充電の減りがはやい・・・」、「充電が100パーセントまでたまらない・・・」なんてことありませんか?

それらのほとんどの原因となるのがバッテリーなのです。

iPhoneのバッテリーは使用し始めてから大体1年半頃から2年目くらいでバッテリーが寿命を迎えると言われています。もちろん、使い方によってかなりの差はありますが、あくまで平均ですので、早い方で使用し始めてから1年目くらいで寿命を迎える方もごく稀にいらっしゃいます。

バッテリーが寿命を迎えると、上記の症状などが発生し、ものすごくiPhoneが使いづらくなります・・・。(´;Д;`)

また先ほどもお伝えした通り、iPhoneにとってバッテリーはとても大事なものなので、そんなものが寿命ギリギリで動いているとiPhone側にも不具合が生じてきます。今までのようにサクサク動かない、、、それぐらいだとまだ我慢できますが、最悪の場合は電源が付かないということもあります。この現象はバッテリーの寿命が終わってしまい、完全に使い切ってしまった。という時に起こることが多いです。

ですので、一つでも症状が当てはまった時は、ぜひバッテリーを交換することをオススメいたします!

ちなみに、今の時期に多いのがiPhone 6, 6p, 6s, 6spです。6シリーズは2014年、6sは2015年に発売され、どの機種も発売から2年以上経っていること、そして冬の時期に多いのがバッテリーの寿命切れ。スマートフォンなどの電子機器は寒さに弱く、今の時期になるとバッテリーが限界を迎えるということもよくあります。

 

 

次に多いのが、リンゴループと呼ばれるものが発生した時です。

この症状はiPhoneならどの機種でも起こる可能性がある症状で、iPhoneの画面に再起動時のAppleのロゴマークが現れ、そのままの状態がずっと続きiPhoneが反応しなくなるというものです。

この症状の原因とされるのが、バッテリーと言われています。

この場合もバッテリーを交換するだけで改善されることがありますが、ごく稀にiPhoneのシステムがダメになっていれて起こったという場合もあります。その場合だとiPhone自体をアップデートしなければなりません・・・。(´;Д;`)

 

 

iPhoneにかぎらず、スマートフォンって使い方一つでダメになったりすることが多いので、少しでも異常を感じたら様子を見てバッテリーを変えるかどうかを検討してみてください。