iPhoneが再起動出来ない時の対処法:iPhone(アイフォン)修理戦隊!スマレンジャー【格安で即日対応】

こんばんは。スマレンジャー難波千日前店です。

 

 

本日は、iPhoneが再起動出来ない時に便利な対処法についてご紹介します!

 

 

iPhoneは発売から丸10年経ち、その間にもコンスタントに新機種を発表・発売され、今では世界中の国・地域で使われています。

新機種が発売される度に新機能が追加され、進化していくiPhoneですが、やはり機械。どうしても完全に不具合を無くすことは出来ません・・・。( ;∀;)

これはiPhoneだけではなくandroidもですが、端末の容量や、性能、通信状態などの様々な要因によって端末がフリーズしてしまったり、画面全体が真っ黒になって動かなくなってしまうこともあります。

このようなトラブルは割と多いですが、ほとんどの場合は”再起動”すれば復旧します。(理由は様々なですが、一時的なシステムのエラーだそうです。。)

ですが、まれに再起動しても復旧しない場合があります。今回は最新機種のiPhone 8を例に、再起動出来ない時の対処法についてご紹介します!

 

 

・まずは、再起動

iPhone 8使用中に画面がフリーズしてしまったりした時は、まずは再起動です。

この方法が唯一の手段となります。

また、iPhoneの再起動には二つの方法があり、

①電源をオフにした後、改めて自分で電源を入れる再起動。

②「強制的に」再起動をする方法です。

iPhoneに上記のような症状が出てしまった場合は、二つとも試してみてください。

 

①この方法は単純にオンからオフにするだけです。

iPhone 8では、今までのiPhoneシリーズと方法が一緒です。

ちなみに、iOS11にアップデートしている方だと、「設定」→「一般」→「システム終了」をすることでも電源を切ることが出来ます。

(電源ボタンが壊れている方には、こちらがおススメです)

ちなみに、電源をつけた時、Appleのロゴの画面が表示されますが、通常は1分もかからない程度でしか表示されません。何分もそのままだとフリーズしている可能性があります。再起動後、いつも通りも画面に戻れば復旧したことになります。

 

②「強制再起動」する場合は、、

iPhoneには強制的に再起動する方法があります。

iPhone 8からは方法が変わったので、あまりご存知ないかと思います。。( ;∀;)

方法は・・・

①「音量+ボタン」軽く一回押す(長押ししない)。

②「音量-ボタン」を軽く一回押す(長押ししない)。

③「サイドボタン」を長押しして、Appleのロゴが表示されたら放す。

今までのiPhoneでは強制再起動は「ホームボタン」と「サイドボタン」を同時押しすることで出来ましたが、iPhone 8から形式が変更され、全く新しい方法に変わりました。

 

 

・強制再起動出来ない場合

上記のようなフリーズしたり、画面に何も表示されない状態が続くのなら、場合によってはそれでも復旧出来ない場合っがあります。

そんな時には、以下の事を確認してください。

①充電ケーブル、バッテリーをチェック

強制再起動をしても画面が真っ黒で何も表示されない状態ならば、バッテリー切れの可能性があります。そんな時は、充電ケーブルを差し込み様子を確認してください。問題が無ければ数分後には充電画面が表示されます。

充電をしているのに充電画面が表示されない場合は、充電ケーブルが故障していないかを確認してください。Appleの純正の充電ケーブルでなく、百均などで販売されている充電ケーブルだと、すぐに断線してしまう可能性があります。

もしくは、iPhoneの充電ケーブル差し込み口にホコリなどの異物が入っていないかを確認してください。もしある場合は、ピンセット、綿棒、つまようじなどで慎重に掃除してください。

これらの方法を試しても充電画面が表示されない場合はAppleサポートに問い合わせてみてください。

②パソコンに接続して強制再起動

場合によっては、電源を切ることが出来ても、立ち上げている途中で動かなくなってしまう場合もあります。そんな時は以下のように対処します。

①パソコンとiPhoneをUSBケーブルで接続し、iTunesを立ち上げます。

②パソコンとiPhoneを接続した状態で、iPhoneを上記の再起動の方法で強制再起動します。

③強制再起動時のサイドボタンはAppleのロゴが画面に表示されても手を離さずに、その後に表示されるリカバリーモードの状態になるまで長押しします。

④「復元」と「アップデート」の選択肢の中から「アップデート」を選択します。(アップデートは、iOSのアップデートをします。)

もし、再起動、強制再起動の二つ両方をしても問題が解決しない場合は、残念ながらご自身で復旧させるのは出来ないため、Appleサポートに問い合わせてください。

 

 

また、iPhoneが動かなくなったからといって、投げつけたり叩いたりするのは辞めてください( ;∀;)

今までサクサク動いていたのに、急に動かなくなりイライラすると思いますが、一昔前の電化製品のように叩いて衝撃を与えれば元に戻るということは出来ません。

ですので、再起動が出来ない時は衝撃などは与えず、Appleに持っていくことをオススメします!

 

 

iPhone修理難波千日前店はこちら