iOS11の新機能「緊急SOS」を利用したい、設定方法を知りたい方に【大阪大正駅前店】

こんにちは、スマレンジャー大正駅前店です

さっき茨城からBIG BANGのライブを見に大阪に来た人に道を聞かれました

BIG BANGすげーなと思いながらこれを書いています。

さて、今回は緊急SOSの設定方法をご紹介したいと思います。

緊急SOSとは、iOS11で新たに設定項目に追加された「緊急SOS」機能は、インド以外の地域で対応している緊急SOS電話のことです。

緊急時にすばやく助けを求めるための機能で、iOS11をインストールした段階で、デフォルトでオンになっています。

緊急SOS電話をかける

緊急SOS電話をかけるには、iPhone7/7 Plusまでの機種の場合、スリープボタン(電源ボタン)を5回クリックします。現れた「緊急SOS」スライダをドラッグすると緊急SOS電話をかけられます。

iPhone8、iPhone8 Plusの場合は、サイドボタンと音量ボタン(+/-どちらか)を、「緊急SOS」スライダが表示されるまで押さえます。表示されたらスライダをドラッグして緊急SOSをかけます。

 

iPhone8/8 Plusの設定アプリ>緊急SOSの項目には、「5回クリックでも作動」という項目があります。これをオンにすると、iPhone7/7 Plus以前の方法と同様、サイドボタンを5回クリックしたときに緊急SOS電話をかけることができます。

 

緊急SOSの自動通報をオンにする手順

緊急SOS電話の設定では、緊急SOSの利用時に自動通報することもできます。自動通報をオンにした場合、緊急SOS電話をかけるとiPhoneからアラーム音とともにカウントダウンがはじまります。カウントダウンが終わったら、かけた地域の緊急通報サービスに電話を発信する仕組みです。

デフォルトでは、iPhoneがサイレントモード、おやすみモード時でもカウントダウンのアラームがなります。

設定から、緊急SOSの設定を開く

 

ホーム画面から「設定」を起動し、「緊急SOS」をタップします

 

 

 

 

 

緊急SOSの設定を確認・変更する

 

 

緊急SOSの設定画面では、利用している端末で緊急SOSを行う方法がイラストで掲載されています。

画像はiPhone5sの場合で、スリープボタン(電源ボタン)が上部に位置していることから、iPhone上部を押すように、と案内しています緊急SOSを利用する際、ある特定の地域では、通話先を指定する必要がある場合があります。「自動通報」をオンにしておくと、自動で接続して地域の緊急通報サービスに電話を発信してくれます。

併せて「ヘルスケアで緊急連絡先を設定」から、緊急SOSを使用したことを知らせる緊急連絡先を指定することをおすすめします。

 

 

 

 

この機能は、結構便利な機能だと思います。ぜひ、設定してみてください。

なにがあるかわからないので。

今回は、この辺で終わりたいと思います。

この他の事で、iphoneの事でしたら

スマレンジャー大正駅前店までご相談ください。

〒551-0002
大阪府大阪市大正区三軒東1丁目18-1
電話番号:090-9273-0802
営業時間:10:00 ~ 21:00
定休日:年中無休

よろしくお願いいたします