5.8インチのiPhone Xは、5.5インチの8 Plusよりディスプレイが小さい 【大阪大正駅前店】

こんにちは、スマレンジャー大正駅前店です。

今日は、iphoneXのディスプレイはiphone8Plusのディスプレイより小さいと噂で聞いたので調べました。

狭額縁のベゼルレスデザインを採用したiPhone Xは、今までのiPhone Plusシリーズよりも端末サイズは小さいながら、実際のディスプレイ領域はPlusよりも大きい

もしかしたら、どこかでそんな噂を耳にしたことがあるかも知れません。

あるいは、もしかしたら5.8インチ(正しくは5.85インチ)のスクリーンを搭載しているiPhone Xは、5.5インチのiPhone8 Plusよりも大きいと思っている人がいるかも知れません。しかし、これらは間違いなのです。

インチ=ディスプレイの大きさではないらしいです。

実は、5.8インチのiPhone Xは、5.5インチのiPhone8 Plusより小さいのです。

それはない、と思う人もいるでしょう。

しかし、ディスプレイのサイズを表す上での「インチ」とは、縦の長さではなく、対角線の長さなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

iPhone Xはアスペクト比(縦と横の比率)が2.17:1で、iPhone8 Plusの16:9(≒1.78:1)よりも縦長です。したがって、語弊を覚悟で言えば、もともとiPhone Xの対角線は、iPhone8 Plusよりも数値として長くなりやすいのです。

つまり、iPhone Xが5.8インチだからといって、それだけで5.5インチのiPhone8 Plusよりもスクリーンが大きいわけではありません。

iPhone XはiPhone8 Plusより縦長です。

もともとiPhone Xの対角線は、iPhone8 Plusよりも数値として長くなりやすいのです。

つまり、iPhone Xが5.8インチだからといって、それだけで5.5インチのiPhone8 Plusよりもスクリーンが大きいわけではありません。

iPhone XとiPhone8 Plus、大きいのはどっちなのか?

 

、iPhone Xのスクリーンエリアは296,724ポイント、iPhone8 Plusは304,704ポイントとなりました。つまり、5.8インチのiPhone Xは、5.5インチのiPhone8 Plusのスクリーンに比べて、2.6%小さい計算になります。一方で、4.7インチのiPhone8に対しては、iPhone Xは18.6%大きい計算になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

大きさの違い、分かりますか?縦幅だけ見れば、iPhone Xの方が大きいように見えますが、iPhone8 Plusに比べて横幅が狭いので、面積ではiPhone8 Plusの方が2.6%だけ大きいというわけです。このように、端末を見比べても2.6%の違いなど、ほぼ気づかないようなものだとは思いますが、気づく人は気づくのかなと思います。

今回は、この辺で終わります。

iPhoneの事で何かございましたら

スマレンジャー大正駅前店までご相談ください。

〒551-0002
大阪府大阪市大正区三軒東1丁目18-1
電話番号:090-9273-0802
営業時間:10:00 ~ 21:00
定休日:年中無休

よろしくお願いいたします。