iOS11の新機能、運転を検知しiPhoneの通知がオフになる機能: iPhone(アイフォン)修理戦隊!スマレンジャー【格安で即日対応】

 | , ,  |  | 0

こんにちは、スマレンジャー難波千日前店です。

今日は、IOS11の新機能の事について書いていきたいと思います。

iOS11には、運転中にiPhoneを操作できなくする新機能Do Not Disturb While Drivingモードが追加されています。

 

ユーザーが運転中と感知すると通知がオフになる

英語でDo Not Disturb While Driving(運転中は邪魔しないで)と名付けられた、日本のiOS11では、おやすみモードと言われる新機能は、持ち主が車を運転していると感知するとiPhoneの通知がオフになるモードです。

Do Not Disturb While Driving

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この新機能は、コントロールセンターからオン/オフを切り替えることができます。

USBケーブルやBluetoothで自動車と接続されると車内にいることを感知し、運転中は通知がなくなると言うバナーが表示されます。

 

Do Not Disturb While Driving

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Appleは、自動車と接続されていなくてもこのモードは有効になると案内していますが、ナビゲーション、音楽再生の操作は可能となるほか、お気に入りに登録された連絡先へのアクセスは制限されません。

時速20km/hで運転中と感知

また、ドライバーではない同乗者は、I’m not Driving(私は運転中ではありません)と言うボタンをタップすることで、いつも通りiPhoneを使うことができます。

Do Not Disturb While Driving

 

 

 

 

 

 

 

感知速度は、時速13マイル(約20km/h)以上でDo Not Disturb While Drivingモードが有効になるそうです。

運転中のスマホ利用について非難されてきたApple

運転中にスマートフォンを操作していたドライバーによる事故で犠牲者が出るたびにAppleをはじめとするスマートフォンのメーカーは、運転中の操作を禁じる機能がないことを非難されていました。

Appleは、運転中にiphoneの操作が出来ないようにする技術の特許を2008年に取得しています。

日本でも、昨年ポケモンGOがブームになった時、運転中にゲームをプレイしていたドライバーによる痛ましい事故が起こっています。

ただし、Do Not Disturb While Drivingは、持ち主がオンにすることが必要となるうえ、全ての機能が使えなくなるわけではありません。

どんな機能制限を設けても結局は、利用者がツールを正しく使うかどうかですけどね。

今回は、Do Not Disturb While Driving (おやすみモード)と言う機能をご紹介しました。

iphoneの事で何かご相談がありましたら、スマレンジャー難波千日前店までご相談下さい。

〒542-0076

大阪府大阪市中央区難波1-2-3

電話番号:090-8526-1098

営業時間:12:00~23:00

定休日:年中無休

よろしくお願い致します。