MFI認証について!!

こんにちわ!
スマレンジャー近鉄八尾店のアルバイトの上田です!

 

今回は、MFI認証に関することについて、
ご紹介したいと思います!

 

皆さんは、Lightningケーブルはどちらで購入されていますか?
やはり純正のケーブルが悪くなってしまうと純正を買い直すという方は、
少ないのではないでしょうか?

最近では、メルカリやアマゾンといったネット通販で、
金額もかなり安く気軽に購入できます。
その際にMFI認証が「ある」のと「ない」のとがあると思います。
そして、MFI認証がない物の方が安価に購入出来ます。

このMFI認証とは、「Made for iphone/ipad」の略となり、
サードパーティー製ですが、Appleが動作保証している商品となります。
なので、MFI認証がないLightningケーブルと比べると割高にはなります。

 

では、MFI認証がないLightningケーブルは使用出来ないのか?
現状ではiosによっても変わりますが、使用する事は出来ます。

 

ですが、MFI認証がないLightningケーブルでは不具合が、
必ずではありませんが出てるそうです。

 

どの様な不具合かといいますと「TouchIDの認識不良」となります。

 

どうしてそのような不具合が出るかのか?
それは、MFI認証がないLightningケーブルより電気の「ノイズ」を
発生させる事が原因のようです。

 

iphone本体で指紋認証する際には、指紋のスキャンと同時に人体の微弱電波を
感じ取っているため、「ノイズ」の影響を受けると「TouchIDの認識不良」になる
といった流れです。

 

ですので、通常時にはTouchIDの認識は問題なく出来て、充電時にTouchIDの認識が
上手く動作しない場合には、Lightningケーブルを疑っても良いかもしれないです。

必ずしもMFI認証のないLightningケーブルがこの現象を起こすわけではなく、

一部の商品では発生している事例があるという事です。

もしかしたら、違う現象が、別途発生する恐れも勿論あると思います。

 

安価であっても、MFI認証がないものは、それだけのデメリットがあるという事だけは、
頭に入れて頂き、今後の購入に役にたてたらと思います。